コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芳沢謙吉 よしざわけんきち

5件 の用語解説(芳沢謙吉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

芳沢謙吉
よしざわけんきち

[生]1874.1.24. 新潟
[没]1965.1.5. 東京
外交官。東京帝国大学卒業後外務省に入り,1923年駐中国公使となった。北京でソ連大使 L.カラハン国交回復交渉をまとめ,日ソ基本条約を締結に導いたほか,南京事件済南事件山東出兵問題などの処理にあたった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

芳沢謙吉【よしざわけんきち】

外交官。新潟県生れ。犬養毅の女婿。東大卒。外務省入りし政務局長,欧亜局長等を経て1923年駐中国公使。1924年―1925年日ソ基本条約交渉を成功させた。1930年国際連盟日本代表として満州事変の処理に苦慮。
→関連項目後藤=ヨッフェ会談

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

芳沢謙吉 よしざわ-けんきち

1874-1965 大正-昭和時代の外交官。
明治7年1月24日生まれ。犬養毅(いぬかい-つよし)の娘婿。明治32年外務省にはいる。大正12年中国公使となり,ソ連のカラハン大使との間で14年日ソ基本条約を締結。昭和5年駐仏大使,国際連盟日本代表を兼務。7年犬養内閣外相。27年戦後初代の駐中華民国(台湾)大使。昭和40年1月5日死去。90歳。新潟県出身。東京帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

よしざわけんきち【芳沢謙吉】

1874‐1965(明治7‐昭和40)
外交官。新潟県出身。東京帝国大学文科大学卒業後,外務省に入り漢口総領事,中国公使館参事官,政務局長等を経て,1920年アジア局長兼欧米局長となる。23年から29年まで中国公使となり,日中間の諸問題の処理に尽力し,芳沢=カラハン会談(1924‐25)で国交樹立を交渉し,日ソ基本条約締結をもたらした。30年,駐仏大使,国際連盟日本代表となり,満州事変の処理に苦慮した。その後犬養毅内閣の外相となる。辞任後貴族院議員に勅選。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

芳沢謙吉
よしざわけんきち
(1874―1965)

外交官。新潟県出身。犬養毅(いぬかいつよし)の女婿。1899年(明治32)東京帝国大学英文科を卒業し、外務省に入る。1923年(大正12)中国公使となり、ソ連のカラハン駐中国大使と日ソ国交樹立を交渉し、1925年1月日ソ基本条約を締結。1930年(昭和5)フランス大使。1931年国際連盟日本代表として、満州事変後の外交調整に携わる。1932年犬養毅内閣外相。同年7月、貴族院勅選議員。1940年オランダ領東インド政府との経済交渉にあたったが、翌1941年交渉打切りとなる。1945年枢密顧問官。敗戦後、公職追放、1952年(昭和27)台湾大使となり、辞任後も自由アジア協会会長などを務め、台湾擁護の立場をとった。著書に『外交六十年』(1958)がある。[小田部雄次]
『中野敬止編『芳沢謙吉自伝』(1964・時事通信社) ▽『外交六十年』(中公文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の芳沢謙吉の言及

【日ソ基本条約】より

…ロシア革命により断絶していた日本とソビエト・ロシアとの国交を回復させた条約。1925年1月20日,北京で日本全権芳沢謙吉とソ連全権カラハンL.M.Karakhanとの間で調印された。シベリア出兵中の日ソ国交調整のための大連会議や長春会議は機が熟さず決裂し,日本軍は1922年10月沿海州から撤兵,11月ソビエト政府は極東共和国を合併してロシア全土を統一した。…

※「芳沢謙吉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

芳沢謙吉の関連キーワード島田重礼京都大学白鳥庫吉帝国大学浜田耕作都留文科大学分科大学今西竜狩野文庫東京帝国大学

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone