コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

苅萱桑門筑紫〓 かるかやどうしんつくしのいえづと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

苅萱桑門筑紫
かるかやどうしんつくしのいえづと

浄瑠璃。時代物。5段。並木宗輔,並木丈輔合作。享保 20 (1735) 年大坂豊竹座初演。謡曲『苅萱』,説経浄瑠璃『かるかや』を原拠として成立。従来の苅萱説話の筋を取込みながら,豊後大領大内義弘の謀反を背景に加える。家の存続に苦慮する主なき加藤家の家臣がめぐらした策略の犠牲となる,大内家の家臣の娘夕しでを描いた3段目「守宮酒 (いもりざけ) 」が中心。「守宮酒」は歌舞伎でも上演される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

苅萱桑門筑紫〓の関連キーワードいもり酒難波土産石童丸東風

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android