菅義偉(読み)すが よしひで

  • すがよしひで
  • 菅義偉 すが-よしひで

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1948- 昭和後期-平成時代の政治家。
昭和23年12月6日生まれ。衆議院議員・小此木彦三郎秘書をへて,昭和62年横浜市会議員。平成8年衆議院議員当選(当選7回,自民党)。14年国土交通相政務官。16年自民党国会対策副委員長。総務副大臣をへて,第1次安倍内閣総務相,郵政民営化担当相,地方分権改革担当相として初入閣。24年自民党幹事長代行。同年第2次安倍内閣で内閣官房長官,国家安全保障強化担当。26年第2次安倍改造内閣,第3次安倍内閣で内閣官房長官に留任し,沖縄基地負担軽減担当となる。秋田県出身。法大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

デジタル大辞泉の解説

[1948~ ]政治家。秋田の生まれ。上京後に工員などを経て法政大学進学。代議士秘書を務めたのち、昭和62年(1987)に横浜市議に当選した。平成8年(1996)年から衆議院議員。第1次安倍内閣では総務大臣を、第2次安倍内閣が発足した平成24年(2012)年から内閣官房長官歴任。同長官として歴代最長の在職記録を持つ。その間、ふるさと納税制度を推進するなどした。令和2年(2020)年に首相就任。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

知恵蔵miniの解説

政治家。1948年12月6日、秋田県雄勝(おがち)町(湯沢市)生まれ。法政大学法学部卒業。会社員を経て元通産大臣の小此木彦三郎の秘書を11年務め、87年に神奈川県横浜市の市議会議員に当選し2期務めた。96年に衆議院議員選挙に神奈川2区から立候補して以降、8期連続で当選を果たす。経済産業大臣政務官、総務大臣、拉致問題担当大臣などを歴任。2012年から20年までは安倍晋三政権の内閣官房長官として約8年間首相を支えた。歴代官房長官の中で連続在任期間は最長となる。安倍の辞任により20年9月に行われた自民党総裁選で当選し、国会での指名を経て第99代内閣総理大臣となった。

(2020-9-17)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

菅義偉の関連情報