菅義偉(読み)すがよしひで

日本大百科全書(ニッポニカ)「菅義偉」の解説

菅義偉
すがよしひで
(1948― )

政治家。秋田県の生まれ。秋田県立湯沢高等学校を卒業後、上京し就職するがほどなくして帰郷。二浪して法政大学法学部政治学科に進学する。1973年(昭和48)3月同大学卒業。1975年政治家を志し自由民主党(自民党衆議院議員小此木彦三郎(おこのぎひこさぶろう)(1928―1991)の秘書となり11年間務める。1987年4月神奈川県の横浜市議会議員に当選、1991年(平成3)に再選され2期務める。1996年10月の第41回衆議院議員総選挙に神奈川2区から自民党公認で出馬し当選、その後8期連続当選。自民党では最初小渕(おぶち)派に属したが1998年7月の自民党総裁選挙で派閥会長の小渕恵三ではなく梶山静六(かじやませいろく)(1926―2000)を支持して小渕派を脱会、宏池(こうち)会に移る。2006年9月の総裁選挙で安倍晋三(あべしんぞう)を支持し、第一次安倍内閣総務大臣(郵政民営化担当大臣を兼務)として初入閣。その後内閣府特命担当大臣(地方分権改革)にもなった。安倍退陣後の2007年9月の総裁選挙では、宏池会の推す福田康夫ではなく麻生太郎(あそうたろう)を支持した。2009年(平成21)9月に宏池会を脱会し、以後無派閥。2012年9月の総裁選挙では、甘利明(あまりあきら)(1949― )、麻生太郎とともに安倍晋三の総裁復帰を目ざし、安倍新総裁のもとで党幹事長代行に就任した。2012年12月の第二次安倍内閣発足にあたり官房長官に就任、2020(令和2)年9月に退任するまで8年近く官房長官の座にあり、これは歴代第1位の在職期間(2822日)である。2019年4月1日、平成にかわる新しい年号「令和」を発表し「令和おじさん」の異名をとった。2020年8月に安倍が病気を理由に退任を表明するとすぐに幹事長の二階俊博(にかいとしひろ)(1939― )と会談して総裁選出馬の意向を示し、二階派が支持を打ち出すと最大派閥の細田派を筆頭に党内各派閥が次々と支持を表明した。9月の総裁選挙では、都道府県票141票中89票、国会議員票393票中288票、計377票と全体の7割の得票で石破茂(いしばしげる)(1957― )、岸田文雄に圧勝した。「二世議員」ではない自民党総裁は2000年の森喜朗(もりよしろう)以来である。9月16日の衆参両院での首班指名選挙で内閣総理大臣に指名され、第99代内閣総理大臣に就任した。総務大臣および官房長官時代は官僚の人事権を駆使して官僚の統制を行い、いわゆる「忖度(そんたく)する」官僚をつくりだした一人とされる。2012年以降の安倍政権では、内閣の「顔」として「森友学園問題」「加計(かけ)学園問題」「桜を見る会問題」など首相にかかわるさまざまな疑惑については全面的に否定し、政権を支え続けた。内閣発足時の支持率は65%(朝日新聞社調査)と高かったが、経済優先の考えから新型コロナウイルス感染症(COVID(コビッド)-19)への対応ではつねに後手後手に回り、緊急事態宣言の発令にも消極的で世論の非難を浴びる結果となり、支持率は最終的に28%(同前)にまで低下した。また日本学術会議が推薦した会員候補者のうちの6人の任命を拒否した問題などでは、国民への説明責任を果たしていないという指摘も受けた。東京オリンピック・パラリンピックの開催を強行したが、コロナウイルス感染症拡大のなかで事実上の無観客開催となった。2021年(令和3)9月の自民党総裁選への出馬の意向を示し、当初は二階派、麻生派、細田派など主要派閥の支持を得て再選は確実とみられたが、9月中旬に衆議院を解散して総裁選を先送りすることや党役員人事を行うことなどを打ち出すと、党内から猛反発を受けた。こうしたなか、9月3日に総裁選不出馬を表明、9月30日の総裁任期満了により総裁を退任し、10月4日に内閣総理大臣も退任した。市議会議員から国会議員となったたたき上げの政治家で、何度か派閥の決定に従わずに派閥を変えつつ、最終的に無派閥で総理総裁にまで上り詰めたのはきわめて異例である。

[伊藤 悟 2022年3月23日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「菅義偉」の解説

菅義偉
すがよしひで

[生]1948.12.6. 秋田,秋ノ宮
政治家。内閣総理大臣(首相。在任 2020~21)。秋田県秋ノ宮村(→湯沢市)の農家に生まれ,高等学校卒業後に上京,民間企業に就職した。その後,法政大学法学部に進学し,1973年卒業。1975年衆議院議員の小此木彦三郎の秘書を務め,1984~87年通商産業大臣秘書官,1987~95年横浜市会議員(2期)を経て,1996年 47歳にして衆議院議員に初当選した。自由民主党の要職や大臣政務官を経験したのち,2006年第1次安倍晋三内閣の総務大臣(郵政民営化担当大臣兼務)として初入閣した。民主党政権末期の 2012年9月に自民党幹事長代行,同年末の第2次安倍内閣発足と同時に内閣官房長官に就任,以来,第4次安倍改造内閣総辞職までの 2822日(約 7年9ヵ月)間その職にあった。在職中は地方創生に取り組み,任意の地方自治体への寄付を推進するふるさと納税制度や農業改革,外国人観光客増加の恩恵を地方にももたらすインバウンド促進などに尽力した。健康問題を理由に安倍首相が辞意を表明したのちの 2020年9月に行なわれた自民党総裁選挙では岸田文雄,石破茂を破り,衆参両院本会議での首相指名選挙で勝利,第99代,63人目の首相に就任した。2020年初以降の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行をうけて,新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言やまん延防止等重点措置を幾度か発出したものの,有効な手を打てず,感染爆発・医療体制逼迫のなか東京オリンピック競技大会,東京パラリンピック競技大会を開催,支持率低迷が続き,2021年9月に党総裁選挙への不出馬を表明,任期満了をもって退任した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵mini「菅義偉」の解説

菅義偉

政治家。1948年12月6日、秋田県雄勝(おがち)町(、湯沢市)生まれ。法政大学法学部卒業。会社員を経て元通産大臣の小此木彦三郎の秘書を11年務め、87年に神奈川県横浜市の市議会議員に当選し2期務めた。96年に衆議院議員選挙に神奈川2区から立候補して以降、8期連続で当選を果たす。経済産業大臣政務官、総務大臣、拉致問題担当大臣などを歴任。2012年から20年までは安倍晋三政権の内閣官房長官として約8年間首相を支えた。歴代官房長官の中で連続在任期間は最長となる。安倍の辞任により20年9月に行われた自民党総裁選で当選し、国会での指名を経て第99代内閣総理大臣となった。

(2020-9-17)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「菅義偉」の解説

菅義偉 すが-よしひで

1948- 昭和後期-平成時代の政治家。
昭和23年12月6日生まれ。衆議院議員・小此木彦三郎秘書をへて,昭和62年横浜市会議員。平成8年衆議院議員初当選(当選7回,自民党)。14年国土交通相政務官。16年自民党国会対策副委員長。総務副大臣をへて,第1次安倍内閣で総務相,郵政民営化担当相,地方分権改革担当相として初入閣。24年自民党幹事長代行。同年第2次安倍内閣で内閣官房長官,国家安全保障強化担当。26年第2次安倍改造内閣,第3次安倍内閣で内閣官房長官に留任し,沖縄基地負担軽減担当となる。秋田県出身。法大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「菅義偉」の解説

すが‐よしひで【菅義偉】

[1948~ ]政治家。秋田の生まれ。上京後に工員などを経て法政大学に進学。代議士秘書を務めたのち、昭和62年(1987)に横浜市議に当選した。平成8年(1996)年から衆議院議員。第1次安倍内閣では総務大臣を、第2次安倍内閣が発足した平成24年(2012)年から内閣官房長官を歴任。同長官として歴代最長の在職記録を持つ。その間、ふるさと納税制度を推進するなどした。令和2年(2020)年に首相就任、新型コロナウイルス感染症対策に務め、翌年退任。→岸田文雄

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android