コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤代[町] ふじしろ

2件 の用語解説(藤代[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

藤代[町]【ふじしろ】

茨城県南部,北相馬郡の旧町。小貝(こかい)川下流右岸の低地を占め,かつては水害を受けたが,耕地整理により水田地帯をなす。中心主集落は水戸街道の旧宿駅で,常磐線が通じ東京への通勤者が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふじしろ【藤代[町]】

茨城県南部,北相馬郡の町。人口3万3805(1995)。小貝川最下流の沿岸低地を占め,東は竜ヶ崎市,西は取手市に接する。ほぼ中央をJR常磐線と国道6号線が横断している。江戸時代初期に伊奈忠次・忠治父子の岡堰造成などの治水工事によって新田が開発された。〈相馬二万石〉と称された穀倉地域の一部をなすが,小貝川,利根川がたびたびはんらんし,破堤しては被害を被ってきた。中心集落の藤代は江戸時代,水戸街道の宿場町として栄えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone