コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

袋中 たいちゅう

4件 の用語解説(袋中の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

袋中 たいちゅう

1552-1639 織豊-江戸時代前期の僧。
天文(てんぶん)21年1月生まれ。浄土宗。江戸増上寺の学寮でまなぶ。慶長8年(1603)明(みん)(中国)にわたろうとして琉球に漂着,尚寧(しょうねい)王の帰依(きえ)をうけて那覇に桂林寺をひらく。「琉球神道記」などをあらわす。11年帰国し,16年京都法林寺を再興した。寛永16年1月21日死去。88歳。陸奥(むつ)菊多郡(福島県)出身。俗姓は佐藤。法名は別に良定(りょうじょう)。号は弁蓮社入観。著作に「浄土血脈論」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

袋中

没年:寛永16.1.21(1639.2.23)
生年:天文21(1552)
室町末から江戸初期にかけての浄土宗の僧。『琉球神道記』の著者。良定ともいう。陸奥国菊多郡(福島県いわき市)生まれ。14歳で同国能満寺で出家し,名越派の檀林で修学。古記録,写本の収集に関心を持った。のちに増上寺の学寮で学び,諸国を遍歴しながら天文,地理,神道,兵法などを習い,浄土宗の教化にも努めた。郷里の成徳寺にもどり,13世となる。布教のかたわら,『梵漢対映集』『浄土血脈論』『麒麟聖財論私釈』を書いて,学僧の地位を築いた。平城主岩城貞隆の帰依を受けて,城内に称名道場を作った。慶長8(1603)年,52歳のときに中国へ行こうとしてまず琉球におもむき,そこで布教に尽力した。琉球国王尚寧の帰依を得て,桂林寺を創立する。桂林寺に住みながら教化をするとともに,尚寧の懇請で『琉球神道記』『琉球往来記』を執筆する。同11年に帰国して,道光の旧跡望西楼を復興して京都三条大橋詰に檀林法林寺を建立した。のちに洛北の氷室谷や東山菊ケ谷に庵をむすび,静かな生活を送り,著作活動に打ち込んだ。建立した寺院は20余りあり,足跡は各地におよんだ。袋中の門下からすぐれた学匠が輩出した。著書は他に『評摧邪輪』などがある。<参考文献>『袋中上人伝』

(林淳)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

たいちゅう【袋中】

1552‐1639(天文21‐寛永16)
近世初頭の浄土宗の学僧。字(あざな)は良定(りようじよう),弁蓮社と号する。賀茂杢兵衛の子として陸奥国岩城郡に生まれた。14歳で叔父の能満寺存洞(ぞんとう)について出家し,のち如来寺,専称寺,円通寺など浄土宗名越(なごえ)派の檀林(だんりん)で修学。25歳のとき江戸の増上寺の学寮に入って白旗(しらはた)派の奥義をきわめた。懇請をうけて郷里の成徳寺の住職となり,布教のかたわら《浄土血脈論(けちみやくろん)》《麒麟聖財論私釈(きりんしようざいろんししやく)》《大原問答端書(おおはらもんどうはしがき)》などを著した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

袋中
たいちゅう
(1552―1639)

近世初期の浄土宗の学僧。弁蓮社入観(べんれんじゃにゅうかん)、良定(りょうじょう)ともいう。奥州菊多郡岩岡(福島県いわき市)佐藤定衡(さだひら)の子として生まれる。如来(にょらい)寺、専称(せんしょう)寺(ともに福島県)、円通寺(栃木県)、増上寺などで浄土宗義を学び、さらに研究を深めるため1603年(慶長8)明(みん)への留学を企てた。しかし、失敗して琉球(りゅうきゅう)(沖縄)に漂着。国王尚寧王(しょうねいおう)の帰依(きえ)を受け、桂林寺(けいりんじ)を創建、『琉球神道記』などを著した。帰国後も引き続いて教化・著述に努め、近世浄土宗発展のうえに大きな功績を残した。著述は『大原談義聞書鈔端書(おおはらだんぎききがきしょうはしがき)』『臨終要決私記』をはじめとして67部の多くを数える。[廣川尭敏]
『横山重編『琉球神道記』(1970・角川書店) ▽藤堂祐範著『浄土教文化史論』(1979・山喜房仏書林)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

袋中の関連キーワード歌舞伎草子長谷川派天川薩摩版ていと奈良絵南蛮宗伯庵日本五大昔話澄円

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

袋中の関連情報