包む(読み)ツツム

デジタル大辞泉「包む」の解説

つつ・む【包む】

[動マ五(四)]
物を、紙やなどの中に入れてすっかりおおう。「風呂敷で―・む」
(多く受け身の形で)物をすっかり取り囲むようにする。「山中に―・まれる」「火に―・まれた家」「事件はなぞに―・まれている」
心の中にしまっておいて外へ出さない。秘める。隠す。「―・まず話す」「悲しみを胸に―・む」
慶弔のためやお礼として、金を紙などにくるんで渡す。「車代を―・む」
を築いて水が外に流れ出ないようにする。〈新撰字鏡
[可能]つつめる
[用法]つつむ・くるむ――「荷物を風呂敷に包む(くるむ)」「包んで(くるんで)ある紙も黄色くなっている」など、物をおおうでは通じて用いられる。◇「贈り物をきれいな紙で包む」「祝儀を包む」「(なぞ)に包まれた人」などのように、「包む」は何かがあるものを取り囲み、おおって中が見えないこと。これらは「くるむ」とはいえない。◇「くるむ」は布や紙などで巻いておおうこと。「赤ん坊を毛布でくるんで抱く」は全体をおおって見えなくするわけではないから、「包む」を使いにくい。

くる・む【包む】

[動マ五(四)]巻くようにして物をつつむ。「書類を風呂敷で―・む」
包(つつ)む[用法]
[可能]くるめる
[動マ下二]くるめる」の文語形

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android