コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

包む クルム

デジタル大辞泉の解説

くる・む【包む】

[動マ五(四)]巻くようにして物をつつむ。「書類を風呂敷で―・む」
包(つつ)む用法
[可能]くるめる
[動マ下二]くるめる」の文語形

つつ・む【包む】

[動マ五(四)]
物を、紙や布などの中に入れてすっかりおおう。「風呂敷で―・む」
(多く受け身の形で)物をすっかり取り囲むようにする。「山中で霧に―・まれる」「火に―・まれた家」「事件はなぞに―・まれている」
心の中にしまっておいて外へ出さない。秘める。隠す。「―・まず話す」「悲しみを胸に―・む」
慶弔のためやお礼として、金を紙などにくるんで渡す。「車代を―・む」
堤を築いて水が外に流れ出ないようにする。〈新撰字鏡
[可能]つつめる
[用法]つつむ・くるむ――「荷物を風呂敷に包む(くるむ)」「包んで(くるんで)あるも黄色くなっている」など、物をおおう意では相通じて用いられる。◇「贈り物をきれいな紙で包む」「祝儀を包む」「謎(なぞ)に包まれた人」などのように、「包む」は何かがあるものを取り囲み、おおって中が見えないこと。これらは「くるむ」とはいえない。◇「くるむ」は布や紙などで巻いておおうこと。「赤ん坊を毛布でくるんで抱く」は全体をおおって見えなくするわけではないから、「包む」を使いにくい。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くるむ【包む】

( 動五[四] )
布・紙などでおおって、中に入れる。 「体をタオルで-・む」
[可能] くるめる
( 動下二 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

包むの関連キーワード上巻き・表巻き・上巻・表巻上包み・上包筋上皮細胞ボーマン嚢竹の皮包み袱紗包み奉書包み糸球体嚢熨斗包み御布施内種皮縞包み外種皮包み紙髄膜腫タオル胸膜腔祝儀袋放線冠薦包み

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

包むの関連情報