コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西川扇蔵(2代) にしかわ せんぞう

2件 の用語解説(西川扇蔵(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西川扇蔵(2代) にしかわ-せんぞう

1718-1808 江戸時代中期の舞踊家。
享保(きょうほう)3年生まれ。宗家西川流2代家元。初代の門弟から養子となり,宝暦10年千蔵から扇蔵とあらためる。江戸三座の振付師として知られ,「関の扉(と)」「戻駕(もどりかご)」などをのこした。文化5年8月2日死去。91歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

西川扇蔵(2代)

没年:文化5.8.2?(1808.9.21)
生年:生年不詳
江戸中期の歌舞伎の振付師。初名西川千蔵。宝暦7(1757)年から江戸市村座付きの振付師となり,仮芝居桐座をふくめ寛政2(1790)年まで出勤。その間,4年間だけ森田座に出ている。長唄「鷺娘」「吉原雀」,常磐津鞍馬獅子」「関の扉」など多くの名作を生んだ。中村座の「戻駕」も扇蔵の振り付けと伝えられている。一方,吉原の女芸者の踊りの指導にも携わり,明和2(1765)年には,長唄の地方に江戸三座の囃子方を招いて大規模なお浚い会を開催。「吉原細見」によると同8年からは門下の吉原芸者による「義太夫節子供身振り」を始める。初代中村仲蔵と共に「天明ぶり」と呼ばれる豊後節の所作事を大成,舞踊西川流の基礎を確立した。没年については,天明6(1786)年3月ともいうが,これも確かではない。

(古井戸秀夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

西川扇蔵(2代)の関連キーワード西川流西川扇蔵岩井喜代松志賀山万作竹田六郎次中村菊寿中村京十郎(初代)西川扇蔵(初代)西川扇蔵(4代)坂東田助

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone