コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西彼[町] せいひ

百科事典マイペディアの解説

西彼[町]【せいひ】

長崎県西彼杵(にしそのぎ)郡,西彼杵半島北東部の旧町。丘陵が起伏し平地は少ない。大村湾岸は屈曲に富み,山頂まで耕された段々畑とともに風光にすぐれる。米,スイカ,ジャガイモ,ミカンの産があり,肉牛肥育,養豚,玄武岩採掘も行われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せいひ【西彼[町]】

長崎県中部,西彼杵(にしそのぎ)郡の町。1969年町制。人口1万0006(1995)。西彼杵半島の東端にあり,丘陵が起伏し平地は少ない。大村湾に臨む海岸線は屈曲に富み,紺碧の海に浮かぶ島々と山頂まで耕された段々畑の景観は美しく,大村湾県立自然公園に指定されている。主産業は農業で,ミカン,スイカ,米,バレイショの栽培,肉牛肥育,養豚が行われ,近年施設園芸が増加している。佐世保市と結ぶ西海橋は,1955年に完成した固定アーチ橋で,その下の針尾(伊ノ浦)瀬戸は日本三大急潮の一つとして多くの観光客を集める。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android