覇道(読み)はどう

日本大百科全書(ニッポニカ)「覇道」の解説

覇道
はどう

覇者が力によって行う政道。仁愛(じんあい)によって統治する王道に対する。中国、戦国時代の儒者である孟子(もうし)は、王道と覇道を峻別(しゅんべつ)し、後者を否定した。覇とは長(かしら)の意。周(しゅう)の王室が衰微した春秋時代、有力諸侯が周王室の名を借りて己の権勢を誇った。その長を覇者という。この代表である斉(せい)の桓(かん)公、晋(しん)の文公は当時の諸侯のあこがれであったが、孟子はこの両者を「仲尼(ちゅうじ)(孔子(こうし))の徒、桓文の事を道(い)う者無し」と批判した。

[土田健次郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「覇道」の解説

は‐どう ‥ダウ【覇道】

〘名〙 儒教で、徳治主義による王道に対して、武力・権謀をもって行なう支配・統治の仕方をいう。
※文華秀麗集(818)下・奉和故関聴鶏〈桑原腹赤〉「覇道寝来是旧城、人鶏独送司晨声」
※滑稽本・古朽木(1780)五「覇道(ハダウ)は王道の似せ物なれども」 〔史記‐商君伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「覇道」の解説

はどう【覇道 bà dào】

中国,儒家政治思想春秋戦国時代覇者の行った統治方式で,桓公の文公は道の代表的な実行者とされる。覇道を王道と対比させて明確に説いたのは孟子で,〈力を以てを仮(か)る者は覇,を以て仁を行う者は王〉という。仁政を装って権力政治を行うのが覇者である。ところが漢代になると,〈王を図りて成らざるも,そのは以て覇たるべし〉(王充論衡》)といい,王道と覇道を等質とし,上下の段階の違いにすぎないと考えるようになる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android