調書(ル・クレジオの小説)(読み)ちょうしょ(英語表記)Le Procès-verbal

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

調書(ル・クレジオの小説)
ちょうしょ
Le Procès-verbal

フランスの小説家ル・クレジオの処女作長編小説。1963年刊。同年、ルノード賞を受け、著者を一挙に有名にした。「軍隊から脱走したのか、それとも精神科病院からなのか」よくわかっていない青年アダム・ポロが、激しい太陽のまなざしにさらされたニースの街と海岸を放浪し、動物園のライオンや空き家のネズミとの合体の試みを通じて、万物が「お互いのうえに流れ出す」、「物質的諧和(かいわ)」の恍惚(こうこつ)状態、つまり人間的には狂気に至る過程を、物質の現前感あふれる文体で跡づける。この作品には、後の諸作の主導的テーマの数々がすでに明らかである。たとえば、一貫して彼の世界の中心である、太陽の圧倒的な現前がそれである。今日に至るまで著者の傑作の一つであるにとどまらず、第二次世界大戦後のフランス文学の代表作の一つに数えられる。

豊崎光一

『豊崎光一訳『調書』(1970・新潮社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android