諸社禰宜神主法度(読み)ショシャネギカンヌシハット

百科事典マイペディアの解説

諸社禰宜神主法度【しょしゃねぎかんぬしはっと】

1665年江戸幕府が発した神社・神職管理法令。神職の神祇道への精進と精勤社家位階伝奏,装束神領,神社修復についての5ヵ条からなり,位階・装束などの許状発行権を有する吉田家の支配力が強化。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょしゃねぎかんぬしはっと【諸社禰宜神主法度】

1665年(寛文5)7月11日,江戸幕府が発した神社・神職統制のための法度。同日付で寺院・僧侶統制の寺院法度が出されており,両者合わせて幕府の宗教統制策の根幹をなした。本法度は5ヵ条からなっている。第1条は〈諸社禰宜,神主などはもっぱら神祇道を学び,神体を崇敬し,神事祭礼をつとめること〉,第2条は〈社家が位階を受ける場合,朝廷に執奏する公家(寺社伝奏)が前々よりある場合は,これまでどおりとする〉,第3条は〈無位社人白張を着すように。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

諸社禰宜神主法度の関連情報