豊前(市)(読み)ぶぜん

  • 豊前

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

福岡県東部、周防灘(すおうなだ)に臨む市。1955年(昭和30)4月10日八屋(はちや)町と角田(すだ)、三毛門(みけかど)、千束(ちづか)、山田、黒土(くろつち)、横武(よこたけ)、合河(ごうかわ)、岩屋(いわや)の8村が合併して宇島市(うのしまし)となり、4日後に豊前市と改称。JR日豊(にっぽう)本線と国道10号が沿岸を並走する。東九州自動車道豊前インターチェンジがある。南東部から犬(いぬ)ヶ岳(1131メートル)、求菩提(くぼて)山(782メートル)などの耶馬渓溶岩台地(やばけいようがんだいち)の開析山地が広く分布、佐井(さい)川、岩岳川などの小河川が北東流して扇状地と沖積低地を形成している。中心集落の八屋の北に位置する宇島港周辺の埋立地に九州電力豊前火力発電所や日鉄住金建材工業、吉野プラスチックスなどの工場が立地、また、内陸部にも工業団地が造成され、工業化が進行しているが、全般的には田園都市で、米や野菜を中心に、丘陵部ではミカン、ブドウ、茶などが、南東部の山地ではヒノキ、スギ、シイタケなどの生産が盛んである。沿岸部ではカキ・ノリ養殖、小型底引網などの沿岸漁業も行われている。求菩提山は修験道(しゅげんどう)の遺跡が多数残る山岳信仰の霊山として知られ、国の史跡で山頂には国宝の銅板法華経(ほけきょう)と銅筥(どうばこ)を有する国玉神社(くにたまじんじゃ)の上宮(じょうぐう)がある。犬ヶ岳は国の天然記念物に指定されているツクシシャクナゲの自生地として知られ、ともに耶馬日田英彦山(ひたひこさん)国定公園に含まれる。面積111.10平方キロメートル、人口2万5940(2015)。[石黒正紀]
『『豊前市史』全2巻(1991・豊前市)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

豊前(市)の関連情報