コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊前[市] ぶぜん

2件 の用語解説(豊前[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

豊前[市]【ぶぜん】

福岡県東部,周防(すおう)灘に面する市。1955年市制。中心は日豊本線が通じる宇島(うのしま)で,宇島港周辺の埋立地を中心に火力発電所,金属・プラスチック・IC関連工場などが立地,近年はさらに工業団地造成,企業誘致を進めている。
→関連項目豊津[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぶぜん【豊前[市]】

福岡県東部,周防灘に面する市。人口2万9716(1995)。1955年4月10日,築上郡の八屋(はちや)町と8村が合体,宇島(うのしま)市となり,4日後豊前市に改称。南部の大分県境の犬ヶ岳(1131m),雁股(かりまた)山(807m)などの北東斜面にあたる溶岩台地の開析された山地が大半を占め,山麓の洪積台地と沿岸の沖積地は中津平野の西部をなし,大部分は水田地帯である。市街地は日豊本線宇島駅および宇島港を中心とする八屋地区の国道10号線沿いに発達している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone