コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊嶋弥左衛門 てしまやざえもん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

豊嶋弥左衛門
てしまやざえもん

[生]1899.5.1. 広島,広島
[没]1978.1.3. 京都,京都
金剛流シテ方の楽師。本名,弥平。4世豊嶋一松の長男。豊嶋家は安芸宮島の厳島神社に奉仕し,広島藩浅野家に抱えられていた高安流,ワキ方の家柄。1906年『鞍馬天狗』の花見で初舞台。幼少の頃はワキ方を演じたが,1912年に金剛流の稽古を受け『猩々』で初シテ。京都へ上り,金剛謹之輔の内弟子となる。のち初世金剛巌,金剛右京に師事。1940年『道成寺』,1944年『卒都婆小町』を初演。1948年豊嶋家当主の弥左衛門を襲名。『雪』のシテで 1972年度芸術祭賞大賞を受賞。1977年重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定。養子に豊嶋訓三(てしまくんそう),長男に豊嶋三千春,弟に高安流ワキ方の豊嶋豊,豊嶋要之助,豊嶋十郎がいる。著書に『弥左衛門芸談』(1980)がある。(→

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

豊嶋弥左衛門 てしま-やざえもん

1899-1978 大正-昭和時代の能楽師シテ方。
明治32年5月1日生まれ。金剛流。金剛謹之輔,初代金剛巌に師事。昭和23年家名の弥左衛門を襲名。52年人間国宝。昭和53年1月3日死去。78歳。広島県出身。本名は弥平。前名は一(はじめ)。著作に「弥左衛門芸談」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

豊嶋弥左衛門の関連キーワード豊嶋弥左衛門(てしまやざえもん)[各個指定]芸能部門桜間金太郎(2世)

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android