コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊明[市] とよあけ

百科事典マイペディアの解説

豊明[市]【とよあけ】

愛知県中西部の市。1972年市制。尾張丘陵上にあり,愛知用水が通じ,溜池(ためいけ)が多い。機械,出版・印刷,食品などの工業が発展している。名古屋市,刈谷市に接し,名鉄名古屋本線,伊勢湾岸自動車道が通じ,宅地化が著しい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とよあけ【豊明[市]】

愛知県中部の市。1972年市制。人口6万4869(1995)。西は名古屋市,東は境川を隔てて刈谷市に接する。古来,交通要衝の地で鎌倉街道東海道沿いの街村として開け,現在も国道1号,23号線,名鉄名古屋本線が通じる。1960年代に入って急速な都市化が進み,名古屋市のベッドタウン的色彩が強まった。農業は兼業化が著しく,畜産,露地野菜,施設園芸などの複合経営行われる。工業では金属製品,機械工業が盛んで,特に自動車関連企業が着実な伸びを示している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

豊明[市]の関連キーワード新藤兼人[各個指定]芸能部門田中角栄内閣中原佑介堀内恒夫ヨルゲンセンシェンク磯田光一エクリチュール東映(株)