コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貸出政策 かしだしせいさくlending policy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

貸出政策
かしだしせいさく
lending policy

中央銀行が市中銀行に対して貸出し (手形再割引および担保付貸付け) を行うときの金利 (公定歩合) ,再割引適格条件,適格担保の決定,貸出限度額の設定,さらに日々の貸出操作などの総称で,その中心はもちろん公定歩合の変更決定である。したがって公定歩合操作によって貸出政策を代表させることもできる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かしだしせいさく【貸出政策】

日本銀行の民間金融機関への貸出し(日銀貸出し)に際し,適用される金利(公定歩合)および貸出量を操作する政策をいう。このうち金利操作の政策は,公定歩合政策または金利政策という(広く金利操作の政策一般を金利政策ということもある)。貸出政策は,手形・債券売買操作,支払準備率操作市中貸出規制(窓口規制)等の政策手段とともに,通貨供給量(マネー・サプライ)や市中金利を操作しようとする金融政策の重要な一政策手段である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の貸出政策の言及

【金融政策】より

…なお,郵便貯金の金利が,他の金利と違い郵政省の所管事項とされるため郵貯の増大に伴い金融政策が二元化するという問題が生じている。
[政策手段]
 中央銀行の行う金融政策のうち古くから行われてきたのは,貸出政策と手形・債券の売買操作の二つである。その後アメリカで連邦準備制度が創設され,法定準備率の変更が金融調節の手段として使われるようになり,貸出政策,手形・債券売買操作と並んでこの三つを伝統的な金融政策の手段と呼ぶようになった。…

※「貸出政策」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

貸出政策の関連情報