コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絶体絶命 ゼッタイゼツメイ

デジタル大辞泉の解説

ぜったい‐ぜつめい【絶体絶命】

どうにも逃れようのない、差し迫った状態や立場にあること。「絶体絶命の苦境に追い込まれる」
[補説]「絶体」「絶命」はともに九星術でいう凶星の名。「絶対絶命」と書くのは誤り。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぜったいぜつめい【絶体絶命】

危険や困難からどうしても逃れることができないこと。追いつめられて進退きわまること。 「 -の窮地」 〔「絶体」 「絶命」ともに九星占いでいう凶星の名〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

絶体絶命の関連キーワード死地に陥れて後生く追い込む・追込むブレア ブラウンクリフハンガー肝脳地に塗る野村芳太郎金ピカ先生安井紀絵中村大樹仁科洋平おてちん背水の陣剣ヶ峰補説苦境津城

絶体絶命の関連情報