コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遊ぶ アスブ

4件 の用語解説(遊ぶの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あす・ぶ【遊ぶ】

[動バ五(四)]あそぶ」の音変化。
「卒業してから三年になるが、まだ―・んでるぜ」〈漱石・野分〉

あそ・ぶ【遊ぶ】

[動バ五(四)]
スポーツ・趣味など好きなことをして楽しい時間を過ごす。「野球をして―・ぶ」「よく学び、よく―・べ」
何もしないでぶらぶらして時を過ごす。決まった仕事・職がなく暇でいる。「失業して―・んでいる」
飲酒・色事・ギャンブルなどに身を入れる。遊興する。「―・ぶ金欲しさに盗みをはたらく」
労力・機械・土地などが有効に使われずに捨て置かれる。「手が―・んでいる」「―・んでいる資本」
(「…にあそぶ」の形で)見物や勉学のために他の土地へ行く。旅行する。遊学する。「京都に―・ぶ」「三年間パリに―・ぶ」
野球で、投手が打者のねらいをさぐったり、打ち気をそらしたりするために、わざとボールになる球を投げる。「ツーストライクのあと一球―・ぶ」
相手をもてあそぶ。からかう。「力が違いすぎて、すっかり―・ばれてしまった」
詩歌・管弦などを楽しむ。
「をとこは、うけきらはず呼び集へて、いとかしこく―・ぶ」〈竹取
[可能]あそべる

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あすぶ【遊ぶ】

( 動五[四] )
「あそぶ」の転。 「君だつてもなにも-・んでゐて食へると云ふ身分でも有るまい/浮雲 四迷

あそぶ【遊ぶ】

( 動五[四] )
仕事や勉強をせず、遊戯などをして楽しく時を過ごす。 「かくれんぼをして-・ぶ」 「よく学びよく-・べ」
酒・女・ギャンブルなどで楽しむ。遊興をする。 「 - ・ぶ金に困る」
職をもたず、ぶらぶらする。 「定年後は-・んで暮らす」
その物の機能・価値が十分に活用・利用されない状態で放置されている。 「広い土地が-・んでいる」 「 - ・んでいる金が少しある」 「手が-・んでいる」
〔漢字「遊」にその意味があることから〕 (「…に遊ぶ」の形で)離れた土地へ行って風物を楽しむ。また、勉学する。 「友人と琵琶湖に-・ぶ」 「若き日に留学生としてウィーンに-・ぶ」
野球で、投手が打者の打ち気をそらすため、故意にボールとなる投球をする。 「一球-・ぶ」
歌舞・管弦をして楽しむ。 「三日うちあげ-・ぶ/竹取」 「趙王と秦王と共に-・びしに、…秦王命じて弾ぜしむ/正法眼蔵随聞記」
人をからかう。もてあそぶ。 「けつくあつちに-・ばれた/滑稽本・膝栗毛 2
鳥獣や魚が、あたりを動きまわる。 「白き鳥のはしと脚と赤き、川のほとりに-・びけり/古今 羇旅詞」 〔「古事記」に天若日子あめわかひこの葬儀を「日八日やか、夜八夜やよを遊びき」とあるように、「遊ぶ」はもと、日常の業務を一時やめて、儀式や祭礼を行うことを意味した。また、儀式や祭礼には歌・音楽が奏されたことからの意味が生じた〕
[可能] あそべる

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遊ぶの関連キーワードスポーツウエアスポーツカフェスポーツマンスポスポーツウーマンスポーツ刈スポーツシャツスポーツドックスポーツジャーナリストスポーツダイバー

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

遊ぶの関連情報