コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遊ぶ アスブ

デジタル大辞泉の解説

あす・ぶ【遊ぶ】

[動バ五(四)]あそぶ」の音変化。
「卒業してから三年になるが、まだ―・んでるぜ」〈漱石野分

あそ・ぶ【遊ぶ】

[動バ五(四)]
スポーツ・趣味など好きなことをして楽しい時間を過ごす。「野球をして―・ぶ」「よく学び、よく―・べ」
何もしないでぶらぶらして時を過ごす。決まった仕事・職がなく暇でいる。「失業して―・んでいる」
飲酒・色事・ギャンブルなどに身を入れる。遊興する。「―・ぶ金欲しさに盗みをはたらく」
労力・機械・土地などが有効に使われずに捨て置かれる。「手が―・んでいる」「―・んでいる資本」
(「…にあそぶ」の形で)見物や勉学のために他の土地へ行く。旅行する。遊学する。「京都に―・ぶ」「三年間パリに―・ぶ」
野球で、投手が打者のねらいをさぐったり、打ち気をそらしたりするために、わざとボールになる球を投げる。「ツーストライクのあと一球―・ぶ」
相手をもてあそぶ。からかう。「力が違いすぎて、すっかり―・ばれてしまった」
詩歌・管弦などを楽しむ。
「をとこは、うけきらはず呼び集へて、いとかしこく―・ぶ」〈竹取
[可能]あそべる

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あすぶ【遊ぶ】

( 動五[四] )
「あそぶ」の転。 「君だつてもなにも-・んでゐて食へると云ふ身分でも有るまい/浮雲 四迷

あそぶ【遊ぶ】

( 動五[四] )
仕事や勉強をせず、遊戯などをして楽しく時を過ごす。 「かくれんぼをして-・ぶ」 「よく学びよく-・べ」
酒・女・ギャンブルなどで楽しむ。遊興をする。 「 - ・ぶ金に困る」
職をもたず、ぶらぶらする。 「定年後は-・んで暮らす」
その物の機能・価値が十分に活用・利用されない状態で放置されている。 「広い土地が-・んでいる」 「 - ・んでいる金が少しある」 「手が-・んでいる」
〔漢字「遊」にその意味があることから〕 (「…に遊ぶ」の形で)離れた土地へ行って風物を楽しむ。また、勉学する。 「友人と琵琶湖に-・ぶ」 「若き日に留学生としてウィーンに-・ぶ」
野球で、投手が打者の打ち気をそらすため、故意にボールとなる投球をする。 「一球-・ぶ」
歌舞・管弦をして楽しむ。 「三日うちあげ-・ぶ/竹取」 「趙王と秦王と共に-・びしに、…秦王命じて弾ぜしむ/正法眼蔵随聞記」
人をからかう。もてあそぶ。 「けつくあつちに-・ばれた/滑稽本・膝栗毛 2
鳥獣や魚が、あたりを動きまわる。 「白き鳥のはしと脚と赤き、川のほとりに-・びけり/古今 羇旅詞」 〔「古事記」に天若日子あめわかひこの葬儀を「日八日やか、夜八夜やよを遊びき」とあるように、「遊ぶ」はもと、日常の業務を一時やめて、儀式や祭礼を行うことを意味した。また、儀式や祭礼には歌・音楽が奏されたことからの意味が生じた〕
[可能] あそべる

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

遊ぶの関連キーワードホモルーデンス鞠突き・毬突き遊所・遊処駄駄羅遊びカルタ遊びピクニック騎竹の年折花攀柳遊び回る女郎買い遊び道具ゴム風船遊び仲間遊山翫水泥弄り内遊び水遊び砂遊び川遊び姉様事

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

遊ぶの関連情報