コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

邑久[町] おく

2件 の用語解説(邑久[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

邑久[町]【おく】

岡山県南東部,邑久郡の旧町。赤穂線が通じる。吉井川三角州の千町(せんちょう)平野が開け,県下有数の穀倉地帯。千町川流域には条里制遺構が残る。東端に長島がある。2004年11月邑久郡牛窓町,長船町と合併し市制,瀬戸内市となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

おく【邑久[町]】

岡山県南東部,邑久郡の町。人口1万9618(1995)。吉井川下流東岸に位置し,東は瀬戸内海に面する。西部に吉井川三角州の千町(せんちよう)平野が開け,東部は丘陵地からなる。東端の虫明(むしあけ)は岡山藩家老伊木氏3万石の城下町で,古くは韓泊(からどまり)と呼ばれた朝鮮使節寄港地であった。千町平野は県下有数の穀倉地帯で,丘陵部では果樹・野菜栽培が行われる。沿岸部ではカキの養殖を主体とした漁業が営まれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

邑久[町]の関連キーワード牛窓長船勝浦宮崎岡山瀬戸内玉野土岐備前室戸

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone