コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

那智勝浦[町] なちかつうら

百科事典マイペディアの解説

那智勝浦[町]【なちかつうら】

和歌山県南東部,東牟婁(ひがしむろ)郡の町。熊野灘に臨み紀勢本線が通じる那智と勝浦が中心で,那智は那智山熊野那智大社鳥居前町。勝浦はマグロ,カツオ遠洋漁業基地をなす良港をもち,勝浦温泉の温泉町でもある。漁業のほか,農林業も行う。勝浦の南に湯川温泉がある。2004年紀伊山地の霊場と参詣道が世界遺産条約の文化遺産リストに登録された(熊野那智大社,青岸渡寺那智大滝那智原始林補陀洛山寺,熊野参詣道)。183.31km2。1万7080人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なちかつうら【那智勝浦[町]】

和歌山県南東部,熊野灘に面する東牟婁(ひがしむろ)郡の町。人口1万9943(1995)。北端に大雲取山(966m)がそびえ,那智川,太田川南流。入り組んだ海岸線と熊野灘の荒波がつくり出す洞穴奇岩,また沖の島々は〈紀の松島〉と称される景勝を展開,吉野熊野国立公園の一画をなす。町域北東部には熊野三山の一つ熊野那智大社(熊野大社)をはじめ,西国三十三所の第1番札所青岸渡(せいがんと)寺,〈女人高野〉とも呼ばれる妙法山阿弥陀寺などがあり,一大霊場を形成する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android