コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都の花 みやこのはな

5件 の用語解説(都の花の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

都の花
みやこのはな

文芸雑誌。 1888年 10月~93年6月。 109冊。創刊号から第 38号までの主幹は山田美妙。日本最古の営業文芸誌として成功を収めた。美妙の『花車』,幸田露伴の『露団々』,二葉亭四迷の『浮雲』第3編などの連載小説は完結後単行本とする形式をとり,また美妙退社後は尾崎紅葉江見水蔭広津柳浪硯友社同人も参加した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

都の花【みやこのはな】

文芸雑誌。1888年10月―1893年6月,毎月2回,第1,3日曜発行で通巻109号。金港堂発行。日本初の商業文芸雑誌で,明治20年代の文芸誌の中心的存在。創刊時は編集主幹山田美妙の文学観が濃厚に誌面に反映した。
→関連項目幸田露伴新小説樋口一葉

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

みやこのはな【都の花】

日本最初の商業文芸雑誌。1888年(明治21)10月~93年6月。金港堂刊。通巻109号。38号まで山田美妙が実質的に編集。幸田露伴(《毒朱唇》),二葉亭四迷(《浮雲》第3編),尾崎紅葉(《二人女房》)らをはじめとして,黒岩涙香村上浪六塚原渋柿園(じゆうしえん)ら大衆文学畑の作家たちに至るまで,当時の作家たちのほとんどを網羅。田山花袋樋口一葉らの顔も見える。明治20年代前半の文学の水準と幅を代表する雑誌。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

みやこのはな【都の花】

文芸雑誌。山田美妙を編集主幹として1888年(明治21)創刊、93年廃刊。明治二十年代の商業文芸誌の中心をなす。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

都の花
みやこのはな

日本最初の商業文芸雑誌。1888年(明治21)10月創刊、93年6月終刊。全109冊。金港堂刊。当時の作家のほとんどを網羅し、明治20年代前半の文学界の振幅と水準を示した。38号まで山田美妙(びみょう)が編集し、改良主義者としての彼の個性が強く発揮された。その後は彼と対立していた硯友(けんゆう)社系の作家も参加し、執筆陣は拡大したが、特色は薄れ、しだいに魅力を失った。代表作に幸田露伴(ろはん)『露団々(つゆだんだん)』、嵯峨(さが)の屋(や)お室(むろ)『初恋』、二葉亭四迷(ふたばていしめい)『浮雲(うきぐも)』第三編、『めぐりあひ』、尾崎紅葉(こうよう)『二人(ににん)女房』などがある。復刻版(1984・不二出版)が出されている。[山田有策]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

都の花の関連キーワード越中島我楽多文庫しがらみ草紙文学界文芸文芸倶楽部天狗タバコ芸文原錦吾文芸雑誌

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

都の花の関連情報