コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都太夫一中(1世) みやこだゆういっちゅういっせい

1件 の用語解説(都太夫一中(1世)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

都太夫一中(1世)
みやこだゆういっちゅういっせい

[生]慶安3(1650).京都
[没]享保9(1724).5.14.
一中節の家元。都一中とも呼ばれる。京都明福寺の3代目住職周意のニ男。本名恵俊。寛文 10 (1670) 年還俗。須賀千朴と名のって京都の都万太夫浄瑠璃を学び,2世岡本文弥文弥節松本治太夫治太夫節を加えて一流を創始。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

都太夫一中(1世)の関連キーワード甘露寺嗣長庭田重秀柴田良厳三江紹益没・歿勃・歿・没慶安の変京極高盛山崎治頼

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone