金丸(読み)かなまる

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金丸
かなまる

群馬県中部,標高 620mの鶉山を最高点として赤城山南斜面,前橋市中北部に広がる地域。もと山麓町村の入会地であったが,1925年帝室林野局から民間に払い下げられ,入植者による開墾が進んだ。第2次世界大戦後さらに新たな開拓が行なわれたが,火山灰層が厚く,地下水の浸透度が大きいため,集落散村を形成。付近に国立赤城青年の家,群馬県畜産試験場がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

かなまる【金丸】

沖縄の泡盛。蔵がある伊是名(いぜな)島は15世紀の琉球の王、尚円王の生誕地。酒名は、王の幼名「金丸」にちなみ命名。甕で10年熟成させた古酒。原料はタイ米黒麹。アルコール度数35%、40%。蔵元の「伊是名酒造所」は昭和24年(1949)創業。所在地は島尻郡伊是名村字伊是名。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

世界大百科事典内の金丸の言及

【琉球】より

…しかし彼の死去後,王朝の基盤は動揺し,53年には王位継承をめぐる内乱(志魯(しろ)・布里(ふり)の乱)が,58年には有力按司の反乱(護佐丸(ごさまる)・阿麻和利(あまわり)の乱)が起こった。そして69年,金丸を中心とする勢力のクーデタが起こり,尚巴志の築いた王朝(第一尚氏王朝)は瓦解した。 即位して尚円と号した金丸は新しい王朝(第二尚氏王朝)を始めたが,その後を継いだ尚真(在位1477‐1526)は王国の基盤の強化に尽力し,未曾有(みぞう)の繁栄期を築いた。…

※「金丸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金丸の関連情報