コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金崎古墳群 きんざきこふんぐん

世界大百科事典 第2版の解説

きんざきこふんぐん【金崎古墳群】

島根県松江市西川津町金崎の低丘陵上にある前方後方墳2基(1,5号)と方墳9基(2~4号,6~11号)の計11基からなる古墳群。現在は1~5号墳を残すのみで,他は団地造成により消滅している。盟主墳とみられる1号墳は,全長約36mの前方後方墳で,1946年梅原末治らにより発掘され,76年に松江市教育委員会が再発掘した。葺石(ふきいし)はなく,後方部に円筒埴輪を用い,前方部で家形人物埴輪の破片が出土した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

国指定史跡ガイドの解説

きんざきこふんぐん【金崎古墳群】


島根県松江市西川津町にある古墳群。島根大学の裏手にある、朝酌(あさくみ)川下流の低地を南に望む小丘陵にある古墳時代中期の古墳群である。方墳と前方後方墳からなる。もとは11基ほどの古墳があったが、団地造成で6基が失われ、1号墳から5号墳まで5基が保存されている。調査によって、1号墳は全長36mの前方後方墳で、主体部の内部構造は割り石積みの竪穴(たてあな)式石室であることが明らかになった。石室から、内行花文鏡や勾玉(まがたま)、棗玉(なつめだま)、小玉、子持勾玉、鉄製刀身、須恵器(すえき)など豊富な副葬品が出土した。なかでも須恵器は山陰地方で最も古い形式に属し、器台、鈴付高坏(たかつき)、異形連管小壺(いけいれんかんこつぼ)などは類例も少なく、古墳に葬られた人物の身分を示していると考えられる。前方後方墳、方墳などを含むものとして山陰地方における特異な存在であり、古墳文化を考えるうえで貴重なものとして、1957年(昭和32)に国の史跡に指定された。JR山陰本線松江駅から市営バス「西川津町」下車、徒歩約10分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

金崎古墳群の関連キーワード内行花文鏡子持勾玉副葬品須恵器石室

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android