コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉤勒/勾勒 コウロク

百科事典マイペディアの解説

鉤勒【こうろく】

双鉤ともいう。東洋画の一技法で,没骨(もっこつ)の対概念。まず物の輪郭を描線でくくり,次いで彩色を施す比較的線本位の描法。黄筌(こうせん)が始祖。→黄氏体
→関連項目李安忠

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうろく【鉤勒 gōu lè】

東洋絵画の技法の一つ。対象となるモティーフの形態の輪郭を筆線でくくることをいう。輪郭線を残さない〈没骨(もつこつ)〉に対する言葉であるが,輪郭線の内側を色彩で充てんする場合が多く,それを〈鉤勒塡彩〉と呼び花鳥画の画法用語として頻出する。対象の明快な輪郭を要求するこの画法は,発生的には没骨に先行し,白描画と近い関係にある。一方,没骨は対象を濃淡のグラデーションで把握する水墨画と近縁にある。【戸田 禎佑】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鉤勒/勾勒の関連キーワード鉤勒填彩没骨法辺文進院体画素描黄筌徐煕

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android