鎌倉五山(読み)かまくらござん

世界大百科事典 第2版の解説

かまくらござん【鎌倉五山】

鎌倉にある臨済宗の五大禅刹,すなわち建長寺円覚寺,寿福寺,浄智寺,浄妙寺をいい,京都五山に対する。中国南宋代の五山官寺制度が,日本に移植されたのは鎌倉時代末期のことで,1299年(正安1)執権北条貞時が浄智寺を五山に列したのが史料上の初見である。ついで1310年(延慶3)建長寺,円覚寺,寿福寺が五山に列位された。このように,鎌倉時代の五山はいずれも鎌倉の大禅院であったが,建武中興後,1333年(元弘3)後醍醐天皇の特別な帰依によって,宗峰妙超の大徳寺が五山に列せられ,翌年大覚寺統と深い関係にあった南禅寺が五山第1に列せられるなど,京都にも五山が設置された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かまくらごさん【鎌倉五山】

鎌倉にある臨済宗の五大寺の称。1386年、建長寺・円覚寺・寿福寺・浄智寺・浄妙寺の序列が定められた。関東五山。 → 京都五山

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鎌倉五山
かまくらござん

京都五山に対し、鎌倉にある五つの大禅刹(ぜんさつ)をいう。中国宋(そう)の官寺制に倣って定められた制度で、その位次は、(1)巨福山(こふくざん)建長寺(けんちょうじ)、(2)瑞鹿山(ずいろくさん)円覚寺(えんがくじ)、(3)亀谷山(きこくさん)寿福寺(じゅふくじ)、(4)金宝山(こんぽうさん)浄智寺(じょうちじ)、(5)稲荷山(いなりさん)浄妙寺(じょうみょうじ)である。[石川力山]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

かまくら‐ごさん【鎌倉五山】

神奈川県鎌倉市にある臨済宗の五大寺の総称。建長寺、円覚寺、寿福寺、浄智寺、浄妙寺をいう。関東五山。
※蔭凉軒日録‐永享一一年(1439)一二月晦日「鎌倉五山各使後堂首座献堵物、以致礼謝。建長円覚則五千疋、浄智浄妙寿福則三千疋也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の鎌倉五山の言及

【建長寺】より

…鎌倉市山ノ内にある臨済宗建長寺派の大本山。鎌倉五山第1位。山号は巨福(こふく)山,本尊は地蔵菩薩。…

【五山・十刹・諸山】より

… 諸山は寺数制限や寺格の序列がなく,1321年(元亨1)北条高時が相模崇寿寺を諸山に列したのが初見で,以後その寺数は漸増し,中世末期には大和,和泉,志摩,飛驒,佐渡,隠岐,豊前の諸地を除いて全国61ヵ国に諸山の所在が確認され,その数は230ヵ寺にも達している。鎌倉五山京都五山五山文学【竹貫 元勝】。…

※「鎌倉五山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android