コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鏡石[町] かがみいし

百科事典マイペディアの解説

鏡石[町]【かがみいし】

福島県中南部,中通り地方南部の岩瀬郡の町。大部分は丘陵性台地で,東部阿武隈(あぶくま)川西部の釈迦堂川に挟まれ,水田が開ける。中心東北本線に沿う笠石奥州街道宿駅として発達,水稲を中心に,キュウリ,トマト,リンゴ,イチゴを産し,畜産も行う。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かがみいし【鏡石[町]】

福島県中央部,岩瀬郡の町。1962年町制。人口1万2378(1995)。中通り地方の南にあり,北は須賀川市と接する。地形はほぼ平たんで,国道4号線,東北本線,東北縦貫自動車道が町の中央を縦断する。第2次世界大戦後開拓入植者と疎開者の定住により人口が急増,現在でも増加傾向を保っている。かつては人口の7割が農業に従事する典型的な農村であったが,現在その割合は2割にまで減少した。一方,1977年完成した工業団地のほか,郡山地域テクノポリス構想圏域内に立地している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

鏡石[町]の関連キーワードあぶくま阿武隈川阿武隈

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android