コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長宗我部元親百箇条 ちょうそかべもとちかひゃっかじょう

4件 の用語解説(長宗我部元親百箇条の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長宗我部元親百箇条
ちょうそかべもとちかひゃっかじょう

土佐の戦国大名長宗我部氏の分国法。原題はなく,「長宗我部氏掟書 (おきてがき) 」ともいう。元親,盛親父子が領国支配のために制定し,慶長2 (1597) 年3月 27日に発布。家臣だけでなく,領内の農工商,僧侶らを対象とし,侍と農民,商人,職人の身分刑罰,訴訟,租税,商業,交通など,司法,行政,私生活一般にまで及ぶ領主法である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

長宗我部元親百箇条【ちょうそがべもとちかひゃっかじょう】

1597年長宗我部氏が発布した分国法。元親の単独の署名のものと,子盛親と連署のものと2種の伝本がある。行政・司法・訴訟など内容は多岐にわたる。
→関連項目長宗我部元親

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうそがべもとちかひゃっかじょう【長宗我部元親百箇条】

長宗我部元親・盛親父子が領国支配のため制定した分国法《長宗我部氏掟書》ともいう。1596年(慶長1)11月15日に撰定,翌年3月24日発布された。同年6月の朝鮮出陣を考慮したものであろう。第1,2条には社寺の崇敬・修復のことを置き,ついで豊臣政権の推戴,侍・僧侶・商人・職人の分限・行儀・諸役,訴訟裁判・刑罰・財産・貢租・相続等に関する諸規定が列挙されている。他の戦国期の分国法と異なるのは,豊臣政権下の一大名の分国法であり,豊臣政権を〈公儀〉と呼んで推戴するほか,第47条の貢租法も1595年(文禄4)の豊臣氏の掟とほとんど同文である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長宗我部元親百箇条
ちょうそがべもとちかひゃっかじょう

安土(あづち)桃山時代、土佐長宗我部氏の代表法令。「長宗我部掟書(おきてがき)」ほか標題が多い。制定年次も1596年(文禄5)11月15日、97年(慶長2)3月24日となっている。元親・盛親(もりちか)父子が中心となり、元親の弟の親泰(ちかやす)、三男親忠(ちかただ)をはじめ、久武・桑名(くわな)・中ノ内の三家老、江村・国吉・馬場らの一門のほか、外交交渉にもあたり帷幄(いあく)に参じた谷忠兵衛・僧非有(ひゆう)らの重臣も参加して検討し、合議の結果成案を得たのであろう。そして96年11月までに完成され翌年3月24日に浦戸(うらど)城内において制定発布されたとみられる。おそらく朝鮮出兵を考えたためであろう。内容は、身分、財産、官職、訴訟、刑事、取締、交通、軍事、文教など各般にわたっており、武士・庶民も含め、公儀・公益を優先することを規定した領国法と家法の性格をあわせもった法令である。『日本経済大典』第一巻所収。[山本 大]
『井上和夫著『長宗我部掟書の研究』(1955・高知市民図書館) ▽山本大著『土佐長宗我部氏』(1974・新人物往来社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長宗我部元親百箇条の関連キーワード長宗我部夏草の賦高知県高知市長浜吉良親貞吉良親実桑名一孝河野通直(2)下元興宣《長宗我部氏掟書》長宗我部兼序

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone