コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿児[町] あご

2件 の用語解説(阿児[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

阿児[町]【あご】

三重県志摩郡,志摩半島にある旧町。北東端に安乗(あのり)崎,南の英虞(あご)湾賢島(かしこじま)があり,伊勢志摩国立公園の一中心。真珠・青ノリの養殖,水産加工が盛ん。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あご【阿児[町]】

三重県南東部,志摩郡の町。人口2万2213(1995)。東は太平洋,南西はリアス海岸英虞(あご)湾に面する。隆起海食台地上にあり,低平な台地と谷底平野からなる。東岸の国府(こう)は古代に志摩国府・国分寺が置かれ,志摩地方の中心として栄えた。現在の中心集落は鵜方で近鉄志摩線と先志摩バス路線の接続点である。多徳島は明治期に御木本幸吉が初めて真珠の養殖に成功した所として知られる。町の全域が伊勢志摩国立公園に含まれる景勝地で,賢島(かしこじま)は近鉄志摩線の終点で英虞湾観光の基地となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone