阿片・鴉片(読み)あへん

大辞林 第三版の解説

あへん【阿片・鴉片】

〔opium の中国での音訳〕
ケシの未熟な果実に傷をつけたとき分泌する乳状液を乾燥して得るゴム状物質。モルヒネ・コデインなどのアルカロイドを主成分とし、鎮痙・鎮痛作用をもつ。医薬品とされる。麻薬。習慣性があり、薬用以外の使用を法律で禁止している。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あ‐へん【阿片・鴉片】

〘名〙 (opium の中国での音訳から)
① 代表的な麻薬。ケシの未熟な果殻から出る乳液を乾燥してつくった茶褐色の粉末が生アヘンで、多種のアルカロイドを含む。最も多く含まれるものはモルヒネ。鎮痛、催眠作用があり、医薬品として有用。常習的に麻薬として吸飲すると習慣性がつき有害で、各国で医薬用以外は禁止されている。オピウム。
采覧異言(1713)三「瓜哇(ジャワ)〈略〉俗好啖阿片
※書言字考節用集(1717)六「阿片 アヘン」
② 正常な感覚を麻痺(まひ)させ、陶酔状態におちいらせるもののたとえ。
※社会変革途上の新興仏教(1933)〈妹尾義郎〉自序「その観念的福音主義のごときは、現代大衆運動にとっては憎むべきアヘンである」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

タピオカドリンク

中国茶や紅茶などに球状のタピオカを入れた台湾発祥の飲料。「タピオカティー」とも呼ばれ、米国やアジア諸国で人気を集めている。日本では1990年代に台湾のチェーン店が進出して以来、若い女性を中心に幾度もブ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android