隠岐の島(町)(読み)おきのしま

  • 隠岐の島

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

島根県北部、隠岐郡にある町。2004年(平成16)隠岐郡西郷(さいごう)町と布施(ふせ)、五箇(ごか)、都万(つま)の3村が合併して成立。島根半島の北東方約45~80キロメートルの日本海に浮かぶ隠岐諸島のうち、最大の島、島後(どうご)を主たる町域とする。竹島も当町に属す。島南東部の西郷港は天然の良港で、本土の鳥取県境港および七類(しちるい)港(松江市)との間にフェリーと高速船が就航。国道485号が通じ、隠岐空港と出雲空港、大阪国際(伊丹(いたみ))空港を結ぶ定期便がある。島後はほぼ円形の火山島で、最高峰の大満寺(だいまんじ)山(608メートル)を中心に、500メートル内外の起伏に富んだ山々が連なり、町域の約80%を林野が占める。中央部の山地から放射状に流下する小河川の下流域に平地が開け、耕地となっている。隠岐白島(しらしま)海岸(国指定名勝及び天然記念物)、海苔田ノ鼻(国指定天然記念物及び名勝)、隠岐布施海岸(国指定名勝)、奇岩ローソク島など景勝地に富む海岸線と大満寺山一帯は大山(だいせん)隠岐国立公園域にある。

 島北部の久見(くみ)は山陰地方で唯一の黒曜石の原産地。隠岐産の黒曜石は広く西日本各地の遺跡で発見され、日本海対岸のロシア沿海州や朝鮮半島の遺跡からも出土している。隠岐国は古代から遠流(おんる)の地で、小野篁(おののたかむら)や後醍醐天皇も当地に配流された。江戸時代中期以降、西廻航路に沖乗航法が採用されるようになり、西郷は北前船の風待港として利用され、廻船業の拠点としても発展。幕末維新期、島の神官や庄屋層に尊王攘夷思想が浸透し、彼らの指導下で島民が蜂起して松江藩郡代を追放、短期間ながら島民自治を実現している(隠岐騒動)。主な産業は観光業、水産業、農林畜産業など。水産業はイワシ、アジ、サバなどを対象とするまき網漁、イカ釣り、定置網漁のほか、ヒオウギ貝、イワガキ、ワカメなどの養殖も行われる。農業は水稲栽培、畜産は肉用牛の放牧・繁殖が主で、スギを中心とした林業も盛ん。中世来、隠岐国一宮といわれた水若酢(みずわかす)神社、同じく隠岐国惣社とされた玉若酢命神社(たまわかすのみことじんじゃ)があり、両社の本殿はいずれも国の重要文化財。また、樹齢2000年ともいわれる玉若酢命神社境内の八百杉(やおすぎ)は、若狭国の八百比丘尼が植えたとの伝承があり、国の天然記念物。隠岐国分寺境内は御醍醐天皇の行在所(あんざいしょ)跡とされ、国指定史跡。毎年4月、同寺で奉納される蓮華会舞(れんげえまい)は舞楽、延年の要素が残り、国指定重要無形民俗文化財。旧五箇村の郡(こおり)にある隠岐郷土館の建物は、明治時代の擬洋風木造建造物としての特徴をよく残している。1885年(明治18)に周吉穏地海士知夫(すきおちあまちぶ)郡役所庁舎として西町の旧松江藩陣屋跡地に建造され、その後、隠岐島庁庁舎、島根県隠岐支庁舎に転用された。1968年(昭和43年)新合同庁舎完成により廃棄されることとなり、旧五箇村が現在地に解体・移築した。同館が保管する漁労・農耕・畜産・山樵にわたる民具(674点)は隠岐島後の生産用具の名称で国の重要有形民俗文化財。面積242.83平方キロメートル(竹島の面積を含む)、人口1万4608(2015)。

[編集部]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android