コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋田平野 あきたへいや

7件 の用語解説(秋田平野の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

秋田平野
あきたへいや

秋田県中部に広がる平野。男鹿半島から南に続く海岸砂丘雄物川の沖積地からなる。基盤は新第三紀層で,その上に砂丘が形成される。北部の天王砂丘,南の新屋浜,下浜などがあり,総称して秋田砂丘と呼ぶ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あきた‐へいや【秋田平野】

秋田県中西部、日本海に面して広がる平野。雄物川の下流域で、河口に秋田市がある。農業が発達し、日本でも有数の米作地帯。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

秋田平野【あきたへいや】

秋田県西部,雄物川下流の沖積平野。主要部は秋田市に属し,面積約180km2。第三系の基盤上に堆積した河川堆積物からなり,旧流路の跡を示す河跡湖や湿地帯がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

あきたへいや【秋田平野】

秋田県の中央部,雄物川下流から八郎潟南東部までの海岸平野で,海岸には砂丘が発達している。面積約180km2。基盤は油層を含む新第三紀層であるが,表層は砂礫(されき),粘土から構成され,きわめて低平である。雄物川はじめ岩見川,太平川,新城川,馬場目川などの流路変更により,多くの河跡湖や湿地帯が分布している。これらの低平な平野の大部分は耕地整備された単作水田で,地まわり米を産する。野菜,果物類の生産量は少なく,大部分を移入に頼っているが,雄物川下流に発達の著しい自然堤防上には四ッ小屋,仁井田などの集落が立地し,海岸砂丘地とともに畑や果樹園に利用されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

あきたへいや【秋田平野】

秋田県中西部の海岸地帯に広がる平野。雄物川が平野の中央を北西流し、河口部に秋田市の市街地が展開する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔秋田県〕秋田平野(あきたへいや)


秋田県西部、日本海に面する平野。八郎潟(はちろうがた)干拓地から雄物(おもの)川下流域にかけて広がる。中心は秋田市。雄物川の流路変遷による河跡湖や湿地が点在。海岸部は砂丘が発達し、クロマツの防砂林がある。稲作を中心に果樹栽培も行われる。秋田市街地周辺では工業化・宅地化が進む。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

秋田平野
あきたへいや

秋田県中西部、日本海沿いに展開する平野。北の男鹿(おが)半島から南へ延びる天王(てんのう)砂丘、八郎潟(はちろうがた)干拓地、雄物(おもの)川の運搬物の堆積(たいせき)によってつくられた沖積地を含む。雄物川放水路左岸の海岸砂丘は、第三紀の基盤丘陵の上に堆積したもので、藩政期に栗田定之丞(くりたさだのじょう)によって植林が行われるまでは砂が内陸に移動して被害を与えた。雄物川下流は河道の変遷が多く、土崎港に流れ込んでいる旧雄物川も地震による地盤変動によって流路を変えたものである。この川はしばしば洪水をもたらし、1938年(昭和13)砂丘を横断し日本海に流れるように放水路の工事が行われた。八郎潟の東部は馬場目(ばばめ)川の運搬物が堆積してできた平野である。天王砂丘は雄物川からの運搬物が二次的に沿岸に堆積したもので、砂丘列は3条に分かれる。平野の中心地としての秋田市と男鹿市船川を結ぶ地域の都市化が著しい。農業は米作主体である。[宮崎禮次郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の秋田平野の言及

【秋田[県]】より

… 秋田県は奥羽山脈,白神山地,丁岳(ひのとだけ)山地と鳥海山などによって三方を囲まれており,これらの山地は豊かな森林,地下資源を提供してきた。またその山地から流出する雄物川,米代川,子吉川は,流域にそれぞれ肥沃な横手盆地と秋田平野,花輪・大館・鷹巣各盆地と能代平野,本荘平野などを形成し,ここに経営耕地面積全国7位(1996)の農業地域がひろがる。一方,後述のように地の利にとぼしく,中でも首都圏と隔たっていることは,他産業とくに第2次産業を著しく不振たらしめ,人口支持力も弱く,年々数万人の出稼者を送り出してきた。…

※「秋田平野」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

秋田平野の関連キーワード秋田県横手市雄物川町沼館秋田県南秋田郡八郎潟町川口秋田県南秋田郡八郎潟町川崎秋田県南秋田郡八郎潟町小池秋田県南秋田郡八郎潟町洲先秋田県南秋田郡八郎潟町中嶋秋田県南秋田郡八郎潟町中田秋田県南秋田郡八郎潟町中谷地秋田県南秋田郡八郎潟町野田秋田県南秋田郡八郎潟町真坂

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

秋田平野の関連情報