雷名(読み)らいめい

精選版 日本国語大辞典「雷名」の解説

らい‐めい【雷名】

〙 高い名声世間に響きわたること。広く世間に知られている評判。相手の名声を敬っていうのにも用いる。
※読本・昔話稲妻表紙(1806)五「先生の(ライメイ)を誰かしらざるあらんや」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「雷名」の解説

らい‐めい【雷名】

世間に知れわたっている名声。また、相手の名声を敬っていう。「雷名をとどろかす」
[類語]美名名声名聞盛名英名令名栄冠栄光栄誉光栄名誉誉れ光輝栄名声誉勇名威名英名佳名驍名高名嬌名好評有名著名名うて

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android