コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青史 セイシ

デジタル大辞泉の解説

せい‐し【青史】

《紙のない時代、青竹の札をあぶって文字を記したところから》歴史。歴史書。記録。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいし【青史】

〔「大戴礼保傅」より。昔、紙のない時代、青竹を火で炙あぶって青みを除いた竹簡に書きつけたことから〕
記録。歴史書。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

青史
せいし

歴史や記録のこと。殺(さっせい)、汗青(かんせい)、汗簡(かんかん)ともいう。紙が発明される以前の古代中国では、青竹で簡札(竹簡)をつくり、これを火であぶって油を抜き、青みをとってから、これに漆で字を書いて書物としていたので、この名がある。李白(りはく)の「四皓(しこう)の墓を過ぐるの詩」に「青史に旧名伝わる」とあり、白楽天の「浩歌行(こうかこう)」に「青史の功名何(いず)れの処(ところ)にかある」とあるのは、いずれも青史の語を歴史の意に用いたものである。[田所義行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

青史の関連キーワード祉・視・仔・仕・伺・使・侈・刺・史・司・嗜・嗣・嘴・四・址・士・姉・始・姿・子・尸・屍・巳・市・師・幟・弑・弛・志・思・恣・指・摯・支・斯・施・旨・枝・梓・止・此・歯・死・氏・滓・熾・疵・矢・示・祀・祉・祠・私・糸・紙・紫・絲・翅・肆・肢・脂・至・視・詞・試・詩・誌・諡・諮・資・賜・趾・雌・飼・齒同潤会アパートモンゴル文学塩原温泉郷高野岩三郎高柳 光寿小谷の方猪瀬青史塚本邦雄石合戦青方氏青み竹簡

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android