(読み)ページ

精選版 日本国語大辞典「頁」の解説

ページ【頁】

〘名〙 (page) 書籍、帳簿などの紙の一面。また、そこに記した数字。ノンブル。また、数詞に付けて助数詞のように用いる場合も多い。
※国民と思想(1893)〈北村透谷〉一「歴史は意味なきペーヂの堆積にあらず」
[補注]近世まで、日本の書籍は二つ折の紙をつづったもので、「」「」の概念しかなかった。その表裏をいう「ページ」を訳すのに当たって、明治初期には「半面」「半葉」「片葉」などとしたが、明治中期から、かな書きや「頁」を当てたものが見られる。

けつ【頁】

〘接尾〙 本や帳面などの紙の面を数える単位。ページ。
※読本・椿説弓張月(1807‐11)続「為朝の尺牘、『天魔法云々』の一頁(ケツ)、京師出雲寺の蔵本にして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「頁」の解説

ページ【頁】

書籍・帳簿などの紙の一つの面。また、そこに記した数字。ノンブル。「を繰る」「35
(比喩的に)連続した事柄の中の、ある出来事。「映画の歴史に新たなを加える」
(page)「ホームページ」または「ウェブページ」の略。「ページビュー」「ページのトップへ戻る」

けつ【頁】[漢字項目]

人名用漢字] []ケツ() []ページ
堆積岩の一種。「頁岩
[補説]「頁」と「葉」が中国語で同音のため、「葉」(書物の二ページ)と同じく用い、日本では「ページ」と読む。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android