須崎[市](読み)すさき

百科事典マイペディアの解説

須崎[市]【すさき】

高知県中部,土佐湾に面する市。1954年市制。須崎湾に臨む県第1の良港を中心に市街が発達,土讃線高知自動車道が通じる。港はかつてカツオ漁で知られたが,近年は高知市外港として木材石灰石セメントなどを積み出し,セメント,電気機械,木材加工が盛ん。米作のほかハウス園芸が行われる。海岸はリアス海岸で,東部には東西11kmの細長い浦ノ内湾があり,湾内でハマチ,タイの養殖が行われる。135.44km2。2万4698人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

すさき【須崎[市]】

高知県中央部の市。1954年市制。人口2万8742(1995)。南部は須崎湾,野見湾,浦ノ内湾が湾入する。東隣の土佐市域にかけて東西に入江の連続する浦ノ内湾は俗に〈横浪三里〉と呼ばれ,風光にめぐまれ,明治期から真珠養殖も行われていたが,現在は野見湾とともにハマチの養殖が盛ん。北部は山地が広がり,中央の蟠蛇森(ばんだがもり)(769m)と東の虚空蔵山(675m)の間を桜川が南流,西からは新荘(しんじよう)川が流れて須崎湾に注ぐ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android