コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

須崎[市] すさき

2件 の用語解説(須崎[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

須崎[市]【すさき】

高知県中部,土佐湾に面する市。1954年市制。須崎湾に臨む県第1の良港を中心に市街が発達,土讃線高知自動車道が通じる。港はかつてカツオ漁で知られたが,近年は高知市の外港として木材,石灰石セメントなどを積み出し,セメント,電気機械,木材加工が盛ん。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

すさき【須崎[市]】

高知県中央部の市。1954年市制。人口2万8742(1995)。南部は須崎湾,野見湾浦ノ内湾が湾入する。東隣の土佐市域にかけて東西に入江の連続する浦ノ内湾は俗に〈横浪三里〉と呼ばれ,風光にめぐまれ,明治期から真珠養殖も行われていたが,現在は野見湾とともにハマチの養殖が盛ん。北部は山地が広がり,中央の蟠蛇森(ばんだがもり)(769m)と東の虚空蔵山(675m)の間を桜川が南流,西からは新荘(しんじよう)川が流れて須崎湾に注ぐ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

須崎[市]の関連キーワード佐原健二プリンスセダン AISH-2型小島信夫いわき(市)自衛隊次郎長三国志山の音アルジェリア戦争道路整備計画マン

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone