コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頭塔 ずとう

世界大百科事典 第2版の解説

ずとう【頭塔】

奈良市高畑町字頭塔町の台地上にある奈良時代土塔。1辺32m,高さ1.2mの基壇の上に,順次に小さく4壇を方錐台形に築いたもので,頂部までの高さは約10mあり,第1壇は1辺24mに復原できる。各土壇の四面には計13基の石仏が露出している。1978年の発掘調査で,自然石を垂直に積み上げた基壇の上に土壇を築き上げたものであることが確認された。このときの調査で新たに石仏が1基発見された。石仏はいずれも半肉彫で如来浄土や仏伝などが表され,壁体の石組みより約50cm内側に置かれ,石を組み合わせて龕(がん)状に構築されたようである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

国指定史跡ガイドの解説

ずとう【頭塔】


奈良県奈良市高畑町にある土塔。『東大寺要録』によれば、奈良時代の僧、実忠が「土塔」として造営したものといい、大阪府堺市にある大野寺の土塔と形態がきわめて似ている。奈良時代の信仰史上、類例がない貴重な遺構とされ、1922年(大正11)に国の史跡に指定され、1985年(昭和60)と1989年(平成1)に史跡整備のため北半分の発掘調査が実施された。その結果、塔は丘陵上に版築によって方形の土壇を築き、外面に安山岩の自然石を積み上げていたことが判明した。基壇は1辺32m、高さ1.2m。その上に土壇で七重塔を築くが、第1段が1辺24.2mで、上になるにしたがって3mずつ縮小し、最上段では1辺が6.2mになる。高さは奇数壇で1.1m、偶数壇で0.6m。基壇の裾から頂上までの総高は約10mとなる。奇数壇の東西南北の各面に花崗岩に彫刻した石仏を納めた龕(がん)がある。石仏の多くは浮き彫りだが、線刻のものもあり、一部に彩色の痕跡があることから、絵画で仏像を表したものがあったと推定されている。当初から露出していた石仏13基が1977年(昭和52)に、その後発見された9基が2002年(平成14)に、「頭塔石仏」の名称で重要文化財に指定されている。近畿日本鉄道奈良線近鉄奈良駅から奈良交通バス「破石町」下車、徒歩すぐ。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

頭塔
ずとう

奈良市高畑町清水通にあり、僧玄(げんぼう)の頭塚の伝承がある。台地西端につくられた方錐(ほうすい)形の土塔で、一辺約24メートルの基壇に四段築成され、上段は一辺約4メートルを測る。各段は石垣状に化粧石が積まれ、平坦(へいたん)部にも石敷がみられる。各段にはもと24基の石仏が安置されていたとみられるが、現在は13基が遺存する。像は一基を除きすべて花崗(かこう)岩に浮彫りで表した侍者を伴う如来(にょらい)三尊、独尊像などである。各姿態は変化に富み、顔は童顔で、衣文(えもん)はうねるような曲線で彫成されている。小さな浮彫り像ながら立体感にあふれ、宝相華文(ほうそうげもん)や台座の蓮弁(れんべん)などにもおおらかな奈良時代後期の特色がよくみいだされる。土塔は、767年(神護景雲1)良弁(ろうべん)の命により東大寺造営に手腕を振るった傑僧実忠(じっちゅう)によってつくられたことが『東大寺要録』などによって知られる。東大寺との関係は深く、土塔の南北中軸線は東大寺伽藍(がらん)と一致し、また各石仏は東大寺と同じ瓦(かわら)で葺(ふ)いた仏龕(ぶつがん)内に安置されていたようである。1922年(大正11)国史跡に指定、石仏は77年(昭和52)重要文化財に指定された。[三輪嘉六]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の頭塔の言及

【玄昉】より

…746年6月,観世音寺で没。奈良市の頭塔(ずとう)を彼の首塚というのは俗説で,767年東大寺僧実忠(じつちゆう)が造った土塔(どとう)である。【井上 薫】。…

【石仏】より


[日本]
 《日本書紀》敏達13年(584)条に鹿深臣が百済から弥勒石仏を将来したとあり,これが記録上の初見であるが,飛鳥時代の石仏の遺品は知られていない。奈良時代の遺品に,奈良県石位寺三尊像(砂岩?,半肉彫),兵庫県加西市の古法華三尊像龕(凝灰岩,半肉彫),奈良市高畑町の頭塔(ずとう)(花コウ岩,薄肉彫。方墳状の土塔の四方に十数個の石仏を配する),奈良県宇智川磨崖仏(線刻)などが知られる。…

※「頭塔」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

頭塔の関連キーワード熊山遺跡浮彫り

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

頭塔の関連情報