風刺画・諷刺画(読み)ふうしが

精選版 日本国語大辞典「風刺画・諷刺画」の解説

ふうし‐が ‥グヮ【風刺画・諷刺画】

〘名〙 (caricature の訳語) 時局や社会・人物などの風刺を目的とした絵画。人や物の特徴を誇張する表現法で、ペン画や淡彩の略画、版画によることが多い。カリカチュア。
※風俗画報‐二八五号(1904)慶応義塾の祝捷炬火行列「大行灯の諷刺画に意匠を凝し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android