飛驒高地(読み)ひだこうち

世界大百科事典 第2版の解説

ひだこうち【飛驒高地】

飛驒山脈(北アルプス)の西方に続き,岐阜県北部から富山県南部にかけて広がる山地。西は両白山地で限られ,その大部分は神通川上流の宮川と高原川,それに庄川の流域であり,南部では南流して木曾川に注ぐ飛驒川(益田(ました)川)の上流域が含まれる。高地の名はあるが,標高1000~1500mの中山性の早壮年期山地で,片麻岩石英斑岩などのいわゆる飛驒変成岩が広く露出し,古生層と中生層を伴っている。高地中には山頂の平たんな峰がかなり多く,これらは隆起した準平原の遺物と考えられ,1500m,1300m,1100mの3段階が認められる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の飛驒高地の言及

【飛驒山脈】より

…1934年,中部山岳国立公園に指定された。 飛驒山脈の東側は,本州を東北日本と西南日本に二分するフォッサマグナと呼ばれる大地溝帯に断層性の急斜面を向けて落ち込み,西側にはやや高度を下げて連続する飛驒高地が続く。新生代第三紀にはすでに陸化していたと考えられるが,大山脈として隆起を始めたのは,第四紀洪積世に入ってからである。…

※「飛驒高地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android