コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飲料工業 いんりょうこうぎょう

1件 の用語解説(飲料工業の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

いんりょうこうぎょう【飲料工業】

飲料はアルコール飲料と非アルコール飲料に大きく分類され,これらの製造業を飲料工業という。アルコール飲料すなわち類は清酒ビールウィスキーブドウ酒などがおもなもので,非アルコール飲料には炭酸飲料果実飲料,濃厚乳酸飲料などの清涼飲料のほか,コーヒー紅茶緑茶などが含まれ,その裾野は広い。
[アルコール飲料]
 日本の酒税法では,アルコール分1度以上の飲料を酒類と定め,清酒,合成清酒,焼酎(しようちゆう),みりんビール,果実酒類,ウィスキー類スピリッツ類リキュール類,雑酒の10種類に分けている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

飲料工業の関連キーワードアルコールアルコール飲料クバス酒精飲料フィズノンアルコールトリスハイボール缶ココア飲料嗜好飲料ホエー飲料

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

飲料工業の関連情報