コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鬼王・団三郎 おにおう・だんざぶろう(おにおう・どうざぶろう)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鬼王・団三郎 おにおう・だんざぶろう(おにおう・どうざぶろう)

能,歌舞伎の曾我(そが)物の登場人物。
曾我十郎・五郎の従者。富士の狩り場で父の仇討(あだう)ちをする曾我兄弟に同行し,ふたりの形見を母親にとどける。実在の人物といわれ,のちに全国をめぐり兄弟の菩提(ぼだい)をとむらった足跡が各地でみられる。「曾我物語」では鬼王丸・丹三郎,鬼王・道三郎

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鬼王・団三郎の関連キーワード鬼王・団三郎夜討曽我曾我十郎

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android