語り(読み)かたり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本音楽,演劇の用語。物語ので,叙事的な内容を独白的または対話的に物語ることで,音楽的には朗誦形式をとる。 (1) では構成単位名称でもあり,候文でない散文体だが,ワキの演じどころであることが多く,その場合候文が混ることがある。 (2) 狂言において普通のせりふと異なる独白形式で物語る部分をいい,間狂 (あいきょうげん) の「語り間 (かたりあい) 」もこの一種。『屋島』のの間の『那須』語りが有名。 (3) 三味線音楽では,主として豊後系の時代狂言浄瑠璃に部分名称としての「語り」があり,長唄でも浄瑠璃的なものには転用されている。 (4) 歌舞伎で,看板や番付本名題の上に,概要を美文調で書いたもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

語ること。また、その話。
記録映画やラジオ・テレビのドラマなどで、筋や場面を説明・解説すること。ナレーション。
で、事件や由緒などを節がなくて抑揚の少ない、多くは散文調の詞(ことば)で物語ること。また、その部分。主にワキが演じる。
狂言で、普通のせりふとは違う独白形式の改まった口調で、事件や由緒を物語ること。また、その部分。
歌舞伎で、看板や番付外題(げだい)の上などに、その作の概要を掛け詞縁語などを多用した美文調で述べたもの。立(たて)作者が書いた。
語り伝える事柄。話題。
「永き世の―にしつつ後人の偲(しの)ひにせむと」〈・一八〇一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

口頭的言語活動の一種。動詞カタルの名詞形。カタルはイフ(言),ツグ()などの平常の発話とは異なって,始まりと終りのある方式のととのった物言いをいう。その語源は不明だが,型,(かた)に関係づける説があって,物語を順序だてて述べることとも,出来事を模して述べることとも解されている。また,ノル(宣),トナフ(唱),ウタフ(歌)など,語義の隣接する語の用法を比較して,これらが話者の一方的な発話であるのに対して,カタルは聞き手を意識し,その期待,要求,疑問に答えて,何事かを説明,解説しようとする性格を持つとされる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

語りの関連情報