コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

虎御前 とらごぜん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

虎御前
とらごぜん

曾我物語』に出てくる女性。大磯の遊女で,曾我十郎祐成の愛人。祐成の死後尼になって跡を弔う。実在した人物かどうかは不明。『曾我物語』を語って歩いた女にという者がいたらしく,その名が曾我伝説に固定したものらしい。江戸時代に浄瑠璃,歌舞伎などで多くの曾我物がつくられたが,それらにも登場し,川柳にも詠まれて一般に流布した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

とら‐ごぜん【虎御前】

鎌倉時代の相模国大磯の遊女。曽我祐成(十郎)の妾となり、のち出家したという。→虎が雨

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

虎御前【とらごぜん】

曾我物語》の中の大磯の遊女。曾我十郎祐成に愛され貞節を尽くす。5月28日は曾我兄弟の仇討(あだうち)の日で,虎が雨(虎御前の涙雨)が降るという。また各地に虎が石があり,虎御前のもたれた石などと伝える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

虎御前 とらごぜん

虎(とら)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

とらごぜん【虎御前】

鎌倉初期に相模国大磯宿の遊女であったと伝えられる女性。《曾我物語》に曾我兄弟の兄十郎祐成の愛人として登場する。《吾妻鏡》建久4年(1193)6月1日条および18日条にその名があらわれるが,実在性は疑わしい。むしろ《曾我物語》の唱導者たちによって創作された偶像的人物とみられている。《曾我物語》によれば,曾我兄弟の仇討のときは19歳,のち64歳で死去したという。【小田 雄三】 《曾我物語》では,虎御前は曾我兄弟の死後,箱根で出家し廻国に出て,熊野その他各地の霊場を巡って兄弟の菩提(ぼだい)を弔い曾我の里に帰って一周忌を営み,のちに2人の骨を首にかけ信濃の善光寺に納めたとされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

とらごぜん【虎御前】

鎌倉時代初期、相模国大磯の遊女であったと伝えられる女性。「曽我物語」に曽我十郎祐成の妾しようとして登場する。曽我兄弟の死後出家し、諸国を巡って菩提ぼだいを弔ったという。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

虎御前
とらごぜん

東海道大磯(おおいそ)の遊女。『曽我(そが)物語』で、十郎祐成(すけなり)と契って妾(めかけ)になるが、兄弟の死後出家する。出家後、真名本(まなぼん)では、熊野、太子、吉野などを回国し、天王寺に滞留したあと、東海道を下って曽我の里で兄弟の一周忌を行い、骨を信濃(しなの)善光寺に納めたとある。流布本では、さらに上洛(じょうらく)して法然上人(ほうねんしょうにん)の法談を聴聞している。尼となった虎女が諸国を巡歴して記念にとどめたという虎が石の伝説や、また、虎女の墳墓と伝えるものは各地に多い。神奈川県大磯町延台寺の虎が石、静岡県足柄(あしがら)峠の虎子石はよく知られる。山梨県南アルプス市芦安安通(あしやすあんつう)では、虎女はこの村の生まれだといい、祐成没後は故郷に帰って没したという。また、兵庫県朝来(あさご)市の墓は、この地を訪れた虎女が足を患い没した由を伝えている。「トラ」は本来、石の傍らで修法する巫女(みこ)の呼び名であったと考えられており、石占(いしうら)などを職掌とする回国の巫女の活躍が、のちに大磯の虎に結び付いて各地に残ったのであろう。[野村純一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の虎御前の言及

【曾我兄弟】より

…兄弟の死後,家来鬼王,団三郎(どうざぶろう)は出家し,虎も出家して信濃善光寺におもむいたという。兄弟の遺跡とされる地は,小田原市曾我谷津,箱根,富士市鷹岡町,富士宮市上井出をはじめ,北は東北から南は九州に至るまで全国各地にあって,きわめて多いが,虎御前という名から推測される女流の唱導者集団が全国に曾我兄弟の物語を運搬したと考えられている。鬼王・団三郎曾我物虎御前【山本 吉左右】。…

【箱根[町]】より

…その向い側の精進(しようじん)池の池畔には多田満仲の墓と称する大宝篋印塔(ほうきよういんとう)(正安2年8月21日供養導師良観上人(忍性)銘)や二十五菩薩と呼ばれる石仏群(永仁元年(1293)8月18日銘)がある。ほかに芦ノ湯に近い所に曾我兄弟ならびに虎御前の墓と伝える3基の五輪塔(うち1基に永仁3年12月銘)もあり,これらの石仏群は国の史跡に指定されている。この場所にこうした石造仏群がつくられたのは,鎌倉後期にこの地を〈六道の辻〉と考え,ここを死出の山への入口とみていたからかもしれない。…

【満功】より

…深大寺の開山にまつわる伝説では,満功上人の祖母の名として虎という女性があらわれる。曾我十郎の愛人の大磯の虎(虎御前)や吉野山や立山の都藍尼(とらんに)の伝説を考え合わせると,この虎も巫女的な女性ではなかったかと思われる。すなわち,満功上人と虎との間には高僧・神童とその母,神とその育ての母の巫女といった関係があったものと思われる。…

※「虎御前」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

虎御前の関連キーワード滋賀県長浜市中野町船岡(鳥取県)虎姫[町]野村純一曽我兄弟曽我物語大磯の虎なおしも和田酒盛栖吉城為替虎姫

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

虎御前の関連情報