コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

魚付(き)林 ウオツキリン

3件 の用語解説(魚付(き)林の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うおつき‐りん〔うをつき‐〕【魚付(き)林】

保安林の一。魚類の繁殖と保護を目的に、伐採を制限または禁止している岸近くの森林。木につく虫・微生物が水中に入ってえさとなり、また水面上に大きな影を落とし、魚類の好む暗所をつくる。うおつきばやし。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

魚付林【うおつきりん】

海岸,湖岸,河岸などに,魚群誘致や漁場保全の目的で植林,または天然林を育成したもの。保安林の一つ。魚類の休息や産卵に適した日陰を水面に与え,腐葉土の良質な栄養分の補給により水中微生物の発生を促し,水質の保全,水量の安定に役だつなどの効果がある。
→関連項目栽培漁業水産資源

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

うおつきりん【魚付林】

魚群を集める目的で設けられた海岸沿いの森林。保安林の一つである。魚付林の効果として,(1)豊富に栄養塩類を流したり有機物を供給してプランクトンの繁殖を促す,(2)森林が海面に落とす影が,魚類の休息・産卵に適した環境をつくる,(3)森林があることによって,魚類の嫌う刺激性の反射光線が生じない,などが挙げられている。魚付林には古くからたいせつに守られてきたものも多かった。たとえば京都の伊根村城山の魚付林は,嘉永年間に伐採され漁獲量を減じたが,その後村民の申合せにより森林の伐採を禁じ保護を続けた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

魚付(き)林の関連キーワード感化院議員秘書シファカ頭を集める駆集める集魚職務強要罪ボードウオーク政策保険差額関税制度

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone