鳥居清倍(初代)(読み)とりい きよます

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳥居清倍(初代) とりい-きよます

?-? 江戸時代中期の浮世絵師。
江戸の人。初代鳥居清信(きよのぶ)の子か弟,あるいは清信その人ともいわれる。正徳(しょうとく)(1711-16)のころ活躍。清信の画法をうけつぎ,勇壮な役者絵をおおくのこす。美人画にもすぐれた。作品に「市川団十郎の竹抜き五郎」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

鳥居清倍(初代)

生年:生没年不詳
江戸前期の浮世絵師。初代鳥居清信と併称される初期鳥居派の代表的絵師。江戸の人。清信の子とされるが確証はない。考証の確実な役者絵でみる限り,宝永7(1710)年から享保3(1718)年にかけて活躍,主要な作品は正徳年間(1711~16)に集中している。清信様式を発展させて瓢箪足蚯蚓描の描法を完成,勇壮な役者絵の版画を多作した。洗練された優美な美人画や鷹図などもあるが,確証ある版本作品・肉筆作品は報告されていない。代表作に「竹抜き五郎」「草摺引」「暫」「象引」などがある。没年は詳らかではないが,享保3年からまもない時期に早世したものと推測される。

(浅野秀剛)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android