コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥居清満(初代) とりい きよみつ

2件 の用語解説(鳥居清満(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳥居清満(初代) とりい-きよみつ

1735-1785 江戸時代中期の浮世絵師。
享保(きょうほう)20年生まれ。2代鳥居清倍(きよます)の次男。父にまなび,鳥居家3代となる。芝居の看板絵,番付絵のほか,草双紙の挿絵や紅摺絵の役者絵をおおくえがいた。門人に鳥居清長(きよなが)らがいる。天明5年4月3日死去。51歳。江戸出身。通称は亀次郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

鳥居清満(初代)

没年:天明5.4.3(1785.5.11)
生年:享保20(1735)
江戸中期の鳥居派の浮世絵師。2代鳥居清倍の次男と伝える。俗称亀次郎。鳥居家3代目当主。宝暦(1751~64)後期から明和期(1764~72)の浮世絵界を主導,芝居看板・番付絵のほか,細判役者絵や草双紙の挿絵が多い。画風は鳥居派の様式を遵守して穏やかであるが,力感・生動感にやや乏しい。明和後期,一筆斉文調,勝川春章役者似顔絵の人気に押されて作を減じ,芝居看板と番付絵に専心したと推定される。鳥居清長らすぐれた門人を育て,鈴木春信らに影響をおよぼした。

(浅野秀剛)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鳥居清満(初代)の関連キーワード鳥居清次鳥居清澄鳥居清倍鳥居清満鳥居清重(3代)鳥居清重(2代)鳥居清春(初代)鳥居清春(2代)鳥居清秀(2代)鳥居清倍(2代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone