コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴沢道八(1世) つるざわどうはち[いっせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鶴沢道八(1世)
つるざわどうはち[いっせい]

[生]明治2 (1869). 大阪
[没]1944
義太夫節三味線方。本名浅野楠之助。大阪島之内の出身。1877年 2世鶴沢吉左衛門に入門。その後 2世鶴沢勝七の預かり弟子となり,鶴沢友松の名で 1882年大阪西区松島の文楽座に初出座。名人 2世豊沢団平に私淑し,1884年彦六座に入座してからその薫陶を受け,彦六座,稲荷座,堀江明楽座と文楽座に対抗する勢力で修業し,1902年に一時引退する。1924年9月,文楽座の紋下(櫓下) 3世竹本津太夫の相三味線として招かれるが座員の反対にあい,協議の末に同 1924年11月公演から 1世鶴沢道八の名で出座する。1927年以降は津太夫の相三味線を 6世鶴沢友次郎に譲り,自身は 4世竹本大隅太夫の相三味線を務めた。放胆で豊かな音色を響かす名人だが,太夫を語らせる姿勢に欠けるともいわれた。晩年は 2世市川猿之助(1世市川猿翁)と提携して『二人三番叟』などで好評を博し,『釣女』の改訂・編曲,『小鍛冶』などの作曲も残した。故実に詳しく『文楽の鑑賞』(1944,山口広一著)などの芸談を残し,なかでも『道八芸談』(1944,鶴沢道八著,鴻池幸武編)は,明治期の人形浄瑠璃の実態と 2世豊沢団平の風貌を伝える名著とされる。(→浄瑠璃文楽

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

鶴沢道八(1世)の関連キーワード藩学一覧633美の里ニゲルいの(町)吾北士族授産鉱業法大砲 万右衛門女性参政権チャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)