コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴賀若狭掾(1世) つるがわかさのじょう[いっせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鶴賀若狭掾(1世)
つるがわかさのじょう[いっせい]

[生]享保2(1717).敦賀
[没]天明6(1786).3.22. 江戸
新内節の太夫。鶴賀派の祖。本名高井庄兵衛。宮古路加賀太夫の高弟。初名宮古路加賀八,のち敦賀太夫。師が富士松薩摩と改名した際にともに富士松姓になり,宝暦1 (1751) 年頃独立して朝日若狭掾と名のり,同8年までに鶴賀若狭掾と改称。その語りは鶴賀節と呼ばれた。同8年以後は劇場を離れ,お座敷浄瑠璃専門となり,のちの新内節の芸風を確立した。代表作『明烏』『蘭蝶』『伊太八』。門下の2世鶴賀新内から新内節の呼称が起きた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

鶴賀若狭掾(1世)の関連キーワード備後国大丸中津城浜松大空襲小野薬品工業小野薬品工業灘の清酒メーカー岩田涼菟ウィンケルマン王翬

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android