コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴賀若狭掾(1世) つるがわかさのじょういっせい

1件 の用語解説(鶴賀若狭掾(1世)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鶴賀若狭掾(1世)
つるがわかさのじょういっせい

[生]享保2(1717).敦賀
[没]天明6(1786).3.22. 江戸
新内節の太夫。鶴賀派の祖。本名高井庄兵衛。宮古路加賀太夫の高弟。初名宮古路加賀八,のち敦賀太夫。師が富士松薩摩と改名した際にともに富士松姓になり,宝暦1 (1751) 年頃独立して朝日若狭掾と名のり,同8年までに鶴賀若狭掾と改称。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

鶴賀若狭掾(1世)の関連キーワード備後国大丸中津城浜松大空襲小野薬品工業小野薬品工業伊勢貞丈王翬河東節義山

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone