コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒沢琴古(1世) くろさわきんこ[いっせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黒沢琴古(1世)
くろさわきんこ[いっせい]

[生]宝永7(1710).福岡
[没]明和8(1771).4.23. 江戸
尺八楽の琴古流の宗家。本名幸八。もと筑前黒田藩士。浪人として普化宗に入宗,虚無僧になり,名手といわれる。諸国を行脚して諸地方の虚無僧尺八曲を収集。のち江戸で普化宗本山の吹合 (ふきあわせ。尺八指南役) となり,収集した尺八曲を整理,編作曲して,30余曲の本曲を制定,のちの琴古流尺八本曲 36曲の基礎をつくった。尺八製管にもすぐれ,制作品が伝わっている。琴古流流祖とみなされるが,琴古流の名称は2世の頃から用いられ始めた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

黒沢琴古(1世)の関連キーワード新版歌祭文金木さなぶり荒馬踊永字銀永字豆板銀河合曽良碁盤太平記三宝銀周期表童子訓孕常盤