コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ES細胞 いーえすさいぼう/ESさいぼう embryonic stem cells

6件 の用語解説(ES細胞の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

ES細胞

幹細胞」のページをご覧ください。

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ES細胞

臓器や組織に分化する能力があるとされ、万能細胞とも呼ばれる。傷んだ臓器や組織の修復など再生医療への応用が期待されている。第三者の受精卵からつくることもできるが、移植の際に拒絶反応が起きる可能性があるため、本人の体細胞からクローン胚をつくってES細胞を取り出す技術を発表した黄教授の論文が世界的に注目されていた。

(2006-01-10 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

イーエス‐さいぼう〔‐サイバウ〕【ES細胞】

embryonic stem cell万能細胞の一種。さまざまな異なる細胞に分化し、増殖する能力を持つ、発生初期の由来の細胞。受精卵の一段階である胚盤胞から取り出した内部細胞塊から樹立される。再生医療に役立つとして研究されている。ES細胞の採取は受精卵を殺すことになるので倫理面の問題がある。胚性幹細胞。→iPS細胞

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ES細胞【イーエスさいぼう】

動物の血液,神経,肝臓,膵臓といった全身の細胞を作り出すことができる細胞のこと。Embryonic Stem cell(胚性幹細胞)の略。卵子が受精して分裂を始めたばかりの初期の胚から取り出した細胞を培養して得られる。
→関連項目iPS細胞STAP細胞

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

ES細胞

 →胚幹細胞

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ES細胞
イーエスさいぼう

胚性幹細胞」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ES細胞の関連キーワード芽球幹細胞ミニトランスプラント体性幹細胞組織幹細胞前駆細胞骨髄芽球前骨髄球胚幹細胞幹細胞と分化

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ES細胞の関連情報